日本の景観

このブログは海外のインフラや景観にまつわる情報とそれに関する私の思いなどをとめどなく書き散らすというのが目的で、日本の景観やインフラについては触れないでおこうと思っているのですが、年納めということで最近きになっていることなどをちょっと。

まずここ2-3日の朝日新聞の報道です。
週末に三菱東京UFJ、暴力団と関係深い元社長側に地上げ融資という記事、そしてその翌日には地上げ、休眠の宗教法人利用 三菱東京UFJ資金提供です。
そして本日は鹿島、十数億円の裏金づくり キヤノンの発注工事でという記事がでて、三日連続でゼネコンと開発業者の記事が紙面を飾りました。
飾ったというのもちょっとなのですが、朝日は建設・開発業に対しなにかあるのでしょうか?

当然これらを擁護する必要はなく、それどころか某金融機関関係者のコメントとして、「都心部の地上げは権利関係が複雑で、こういう場合に暴力団の利用は必要悪」みたいなことがあり、そのリスク管理意識のなさにはあきれました。本当にこういう体質があるのなら、叩かれて当然だし、今みたいに海外の金融機関が自分の処理に汲々としていなければ、それみたことかとマフィアと繋がる日本の金融とか言って自分たちの利へと持っていくのは目に見えていることから、もういやになるです。

日本のデベロッパー、ゼネコンの意識の低さにが残念です。

そしてもう1つ、12月25日の日経に、皇居周辺の建物規制、見た目の統一感重視 都が原案という記事がでました。

皇居周辺の景観を整備するのは必要なことですし、それを広域にわたって規制しようというのは良いのですが、事前協議で開発指導とある点です。
これはどの程度強制力があるのか、景観という個人差のあるものをどう事業者を説得するのか、その手段が気になります。

日本は数字で規制するだけで、デザインの良し悪し、全体としての整合性を問わないことが多く、それがいろいろな意匠のビルの乱立を招いています。

それと皇居周辺の景観を東京都だけの方針で決めてよいものか?
恐らく誰もが、皇居=日本の顔と考えることに異議は唱えないでしょう。
であるなら、この皇居周辺の景観整備はもっと日本全体で質の高い景観論争を巻き起こすぐらいの議論を経て決定されるべきだと考えます。

さて2009年は日本そして世界のインフラ・景観にどんなチェンジが起こるか、楽しみです。

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。
[PR]

by fukimison | 2008-12-29 16:05 | つれづれ  

<< 米初の商用流体タービン設置へ オーストラリアのインフラプロジェクト >>