ハノイで土地バブル?772もの開発案件

ベトナムにハノイタイムズという英字新聞があります。これの3月27日号はHow many idle projects to be withdrawn?というタイトルとともに「傍聴するハノイにおける住宅地域開発は、首都圏の土地利用計画で設定された目標値を数十年分超えるほどの規模となっている」として過熱ぶりを伝えています。

どのぐらいのプロジェクトがあるかというと、ハノイで772件計145,770haの都市開発プロジェクトが申請されており、その内訳はハノイ市と合併された旧Ha Tay省で102,76ha(この合併についてはベトナム株式投資ニュースというサイトがHa Tay省、FDIが10億ドル超にという記事を2008年6月に出しています)、Me Linhで3,383ha(ここもハノイ市の併合された地域で、ネットサーチをすると同地に投資を進める不思議な感じのサイトがでてきます)、旧Hoa Binh省の4村で3,383haそして旧ハノイに25,000haとなっています。

この数字だけでも世界を襲う金融収縮はハノイに届かず、膨張・発展を続けているように感じますが、果たして大丈夫なのか?

ハノイ都市開発計画協会によれば、全首都圏における工事計画で首相に承認されたものは、宅地開発が2010年までに55,110ha、2020年までに111,550ha、2050年までに172,800haにのぼるといいます。これら同市で計画されている都市開発は、今後40年で目標とされている開発面積と同規模に達するといわれています。

Ha Tayがハノイ市に合併される前、利用価値の高い土地を得る協定書に多くの企業がHa Tayの行政機関と調印を行っていた。ハノイの一部となる前、2008年の2ヶ月だけでHa Tayは数百もの不動産プロジェクトを承認した。旧ハノイの住宅地域プロジェクトは38件だが、旧Ha TayのDan Phuongは15件、Hoai Ducは80件、そしてQuoc OaiおよびThacch Thatではそれぞれプロジェクト数は100件を越している。

ハノイ都市開発計画協会の専門家は適切な開発案件を選ぶため不動産プロジェクトを見直す必要があるものの、一体だれが、そしてどの様に調査を磨るのかと疑問を投げかけています。専門家は検査は拡大ハノイ市の建設計画を元に行われる必要があるものの、同計画は2010年まで完成しないことから、検査はこれ以降行われるべきだと主張しています。さらに適切な不動産開発プロジェクトを選別する指針が無ければ、調査結果は不正確、不公平、そして科学的な根拠の無いものになろうと批判しています。

それはそうなんですが、2010年ですか?都市開発を2年間モラトリアムにするというのは大胆な発想で、よいなぁと思うのですが、現実的とはいえません。

現実には3月23日ハノイ人民委員会は政府に、4月初旬に拡大ハノイにおける不動産プロジェクトの調査報告書を提出すると報告しています。

先ごろ建設大臣はハノイ人民委員会に対し海外の顧問機関と共同で、不動産プロジェクトの厳格な見直しを行うよう文書を送付しています。

先進各国が持つ悩みを研究して調和の取れた都市開発を進めてほしいものです。
[PR]

by fukimison | 2009-03-31 12:43 | 不動産  

<< 2009 Arabian Po... 英、自治体の資金運用 >>