チェルシー再開発その後

4月7日に「チェルシー再開発でチャールズ皇太子が意見表明」という記事を紹介しました。
この記事のポイントは景観問題ではなく、皇太子がプロセスを侵害したことに対する批判でした。

そしてこの批判はさらに大きくなり4月19日のTimes紙にThe prince and processとして意見広告がでるまでになりました。

直訳すれば「オープンで民主的なプロセスで行われている最中であり、計画変更(原文ではskew:捻じ曲げる・歪曲が使われています)を求め、皇太子が個人的な意見や水面下でのロビーイングを行わないというのは現代的な民主主義の基本だ」と強い調子で皇太子といえども手続きに従うべきだと批判しています。

問題となっているのは、最近、再開発事業者(カタール資本のQatari Diar)の依頼をうけたリチャード・ロジャースが作成し再開発地の自治体であるWestminster市議会へ提出した書類です。
Times の記事は「この計画は、ウェストミンスターのPlanning Officer(開発専門官)および広範な地元との協議によるコメントに対応し、変更や修正が加えられてきました。また英国建築都市環境委員会(Commission for Architecture and the Built Environment)や拡大ロンドン庁(Greater London Authority)といった法的機関も相談を受けていました。開発業者はこの注意を要するプロジェクト実施に向け、注意深く最良の建築家を選び、またロジャースとそのチームは民主的なプロセスに従って作業をおこなってきました。皇太子とそのアドバイザーたちも同じようにふるまうべきだ」と記事は続きます。

そして記事は「このプロジェクトのデザイン、または他のプロジェクトに関し皇太子がコメントを行いたい場合、我々は規定された計画協議プロセスを介して行うよう要請するものだ。今後5年間にロンドンで建設されるであろう最も重要な住宅プロジェクトの1つに干渉するのに皇太子の特権的立場を利用するのではなく、オープンで透明性のある議論を行うべきだ」という著名建築家の意見書が続きます。

そしてこの意見書に名前を連ねているのは1999年プリツカー賞受賞者のフォスター氏、2004年プリツカー受賞者でイラン出身の女性建築家であるザハ・ハディッド、2001年プリツカー受賞し北京オリンピックの鳥の巣で有名なヘルツォーグ&ムーロン、2008年プリツカー受賞者でありパリのアラブ世界研究所の建築で有名なジャン・ヌーベル、関空の建築家レンゾ・ピアノ、ビルバオにあるグッゲンハイム美術館のフランク・ゲーリーと錚々たる建築家に加え、英国建築都市環境委員会の委員長であったSerota卿やロンドンのDesign Museumの理事まで名前を連ねています。

英国の都市計画はDevelopment Planが建築物の内容を細かく規定しており、またアピールのプロセスも規定されています。
[PR]

by fukimison | 2009-04-21 12:25 | 景観  

<< チェルシー再開発の論争 オバマ政権、16億ドルを環境政策に >>