英コンサル、ドバイの未払いプロジェクトに苦慮

サブプライム、リーマンショック以降の建設市場は不動産価格の下落を遠因とする大型プロジェクトの延期や中止に泣かされてきました。とくに不動産金融立国をめざしたドバイでは、パームジュメイラなどの大型プロジェクトの行方がいろいろと取りざたされ、ドバイの様子など以前にも何度かおつたえしてきました。

そうした中、4月29日付けの英NCE誌にConsultants fight Dubai clients for unpaid feesという記事が出ました。

いままでは延期や中止であり、完成物件の投売り、失職した建設技術者の今後であったのが、未払いの問題になってきました。

記事は「アナリストは、Atkins社、Mouchel社、Scott Wilson社やWSP社をはじめとする英企業に対しNakheelは総額2億ポンドの未払い金があると考えている」とあります。このNakheel社は、ドバイ政府が支援する開発業者で、パームジュメイラなどの人工島リゾート建設メガプロジェクトを行ってきた企業です。2億ポンドですが、換算ソフトによると28,902,506,496円だそうです。

Atkins社自身も「現金回収はどんどん難しくなってきており、特に中東でそれが顕著であり、同地域での未開集金はこの3ヶ月で約2500万ポンドにのぼっているいる。今後数ヶ月この調子だろう」としています。

Mouchel社も2009年初頭に「中東地域での未開集金の総額は3160万ポンドで、そのうち2300万ポンドがドバイの大型プロジェクト関連だ」と、同社が未回収金問題を抱えていることを、さらにScott Wilson社は回収不能な債務による400万から600万の例外的費用の発生を発表しています。

Nakheel社のメガプロジェクトは10年以上にわたり、ドバイのDGPを年間16%も押し上げ続けてきましたが、昨年の金融収縮以降その経営は倒産の瀬戸際に有るとささやかれています。

先ごろドバイ政府は137億ポンドの債券発行を行い、その半分は隣国のアブダビが引き受けたといいますが、これでNakheel社がどうにかなるかは不透明です。

MEEDをみれば、2009年第1四半期でドバイの住宅価格は41%下落し、2007年第2四半期と同程度となったとの記事が出ていますし、ドバイの銀行も軒並み減益です。
[PR]

by fukimison | 2009-04-30 11:17 | 不動産  

<< サルコジ大統領、パリの将来計画を発表 ロンドンオリンピックのメディア... >>