アブダビ・ルーブル工事開始

世界の金融不況をもろに受けて、メガプロジェクトの着工延期、一時休止、建設業者への賃金不払いなどと国として大丈夫かというウワサの耐えないドバイのお隣、UAEの一員であるアブダビは産油国の強みで相変わらず巨大プロジェクトを押し進めています。

アブダビは世界の文化センターになるという大きな計画を持っており、これの実現にむけルーブル美術館の分館招致活動を行ってきました。そしてこのたびサルコジ仏大統領出席の元、地鎮祭というか着工式というか工事の開始を祝う式典を行いました。参照記事UAE Interact:Sarkozy: France proud to team up with UAE on Louvre Abu Dhabi

文化センター計画ですが、これはアブダビの沖合い500mにあるサアディヤット島(27平方キロメートル)に各地の有名美術館の分館を招致や劇場建設を行うものです。しかもグッゲンハイム美術館の分館はフランク・ゲーリー、アブダビの国立美術館はノーマン・フォスター、舞台芸術センターはザッハ・ハディドと建築家も超一流どころに依頼しています。

5月27日付けのBD誌Sarkozy at Nouvel's Abu Dhabi Louvre groundbreakingによりますと、このアブダビに建設されるルーブル美術館の分館はフランスの建築家、ジャン・ヌーベル(アラブ世界研究所で有名になったプリツカー賞の受賞者です)の設計になるものです。そしてこのためにアブダビは30年にわたり10億ユーロ(名称使用料や美術品の貸出)をフランスに支払います。(これに関してはルーブルを売るのかとフランスで大論争になりましたが、国会で可決されました)分館は26,000平方メートルの広さを持ち2013年の完成を目指します。さらにインテリアデザインはNathalie Criniereが行います。

フランス人は建築物に対し日本人とちがった感覚を持っていると感じます。それはパリの景観を守るというのとは少し違って、権威というか行政というか王政時代も歴代の王様がモニュメンタルなものを建設する、その伝統と言うかしきたりは大統領制になっても引き継がれていて、ポンピドーセンターやルーブルのガラスのピラミッドが建設される。そしてサルコジ大統領はパリの大改革ということで外周部分に高層ビルを建てる計画を発表しています。こういったことからか、建築はフランスの重要産業であり輸出物であり外交戦略に組み込まれているなぁと感じます。

なぜなら今回のサルコジ大統領のアブダビ訪問で、この50年で最初となる海外(しかもペルシャ湾のアブダビ)におけるフランス軍基地の開所を行うと同時に、フランスは原子炉2基の建設もほぼ手中に収めたと伝えられています。

これらの記事に埋もれていますが、ルーブルアブダビの着工式と平行してソルボンヌ・アブダビというソルボンヌ大学のアブダビ分校の基礎も置かれたと伝えられています。

ソルボンヌがアブダビですか?なんとなくイメージが。。。
[PR]

by fukimison | 2009-05-29 11:02 | プロジェクト  

<< ドイツ、バイオガス網建設進む 環境と法律 >>