華麗なる不動産

昨日はバイオガスという本筋の環境モノだったので本日はワイドショー的な不動産話です。

サウジアラビアのAlArabiyaというnews netがありますが、5月31日付けでSaudi prince new owner of supermodel's castleというニュースを流しています。

簡単に説明しますと、フランスのサルコジ大統領のカーラ・ブルーニ夫人の家族が持っていたイタリアのお城をサウジアラビアの王子が買ったというものです。

記事はイタリアのLa Stampaという新聞がサウジのAlwaleed bin Talal王子がブルーニ家が所有するお城(Castagneto Po)を2月に購入したと言うところから始まり、まずこの皇太子はフォーブスリストで世界で22番目のお金持ち、そしてお城の代金が1750万ユーロ(ドルでいうと2500万ドル)です。

お城はイタリア北部のトリノ郊外にあり40室あり、目玉は18世紀のインテリア。このお城の広さは1500平方メートル(所謂延べ床面積です)で家具はロンドンのオークションで1000万ユーロで売却されました。当然ながら庭に囲まれ、その外側には森が広がっているそうです。

サルコジ夫人については大統領に就任したばかりの時の離婚・再婚騒動は記憶にあり、モデルで歌手が大統領夫人ねぇと思っていたのですが、カーラ・ブルーニでwikiしてみるとなーんとそうだったのか、欧州貴族恐るべしでした。

元スーパーモデルのカーラ・ブルーニさん(39歳)と彼女の母親、お姉さんで女優のヴァレリア・ブルーニがこのお城を所有する会社の株の半分を所有しており、もう使わなくなったらという理由で売却だそうです。

このお城はイタリアでも有数の資産家で貴族のお父さんが1952年に購入したそうです。

お城を購入したAlwaleed bin Talal王子ですが、他にもモーリシャスにホテルを2つthe Movenpik と Alfoarcisonz Mauritius hotel and resortを購入されています。すごいなぁ、さすがサウジ、リーマンショックは受けなかったのかしらと思って少し調べてみたら、そうでもありません。
1月21日のNew York Post紙にPRINCE ALWALEED'S FUND TAKES $8.2B HIT ON CITI STAKEという記事がありました。
なんでもAlwaleed bin Talal王子が所有する投資会社のKingdom Holdingは、サブプライム-リーマンショックと続く金融収縮によるCitigroupの株価下落により第4四半期の損失が63億ユーロ(83億ドル)にのぼったというものです。

63億ユーロの損失がでても大丈夫な投資会社、そしてその投資会社の所有者は1750万ユーロのお城を軽々と買ってゆく。ああいうお城は維持管理が凄くかかるし人が長く住んでいなかった場合、これを直すだけで購入金額と同じぐらい修理費にかかったりするんですけど、こういうことを気にするのはお金持ちの感覚の無い日本人だからでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2009-06-02 10:10 | 不動産  

<< Smart Grid ドイツ、バイオガス網建設進む >>