米、地下鉄事故続報と世界遺産

全く正確の違う記事ですが、どちらも捨てがたいのであえて両方です。

まず、6月28日付けのNCE誌は6月22日にワシントンD.C.で9名の死亡者を出した地下鉄事故の続報を伝えています。同記事によれば国家運輸安全委員会(National Transportation Safety Board:NTBS)が事故発生地点で同型の列車を使った検証作業を行ったところ、衝突事故発生位置で列車が止められると、列車の管理システムはその位置情報を失うことを発見したと伝えています。
調査官は衝突地点近くで終わる両方の線路についた金属間圧縮線状跡は、激しいブレーキと一致していたと述べた。

NTBSは列車管理システムは複雑であり、全部品の徹底検証を必要とするだろうと述べた。調査官は事故日に列車管理システムがどのように機能したか理解するため、線路際のサーキットや列車管理システムデータの検証をさらに継続中だ。
事故列車に搭載されていた所謂ブラックボックスを回収しているが、追突された側の列車9車両のうち8車両分が回収されたが、うち2つは事故関連の情報は入っていなかったし、一部の情報は不確定な理由で事故発生前に情報収集が終わっていたというし、逆に追突した側の列車は事故データ記録装置が搭載されていなかったというので、ちょっとどうなのでしょうか?

事故を防ぐ手立てはあったかもしれない、それを解明する手立てもなかなか大変というのが現状らしく、やはり人災的な色が濃いようですね。

一方でNew four lane bridge loses Dresden its Unesco heritage statusと題された記事がNCE誌上にでました。
記事はユネスコの世界遺産委員会は4車線の橋梁建設を理由に、ドイツのドレスデン・エルベ渓谷をユネスコの世界遺産リストから抹消することを決定したというものです。
ドレスデン・エルベ渓谷は川沿いに約18kmにわたり、16世紀から20世紀にかけての数々のモニュメントや公園が点在し、18世紀から19世紀の景観を残すものとして2004年に文化的景観として世界遺産に登録されました。しかし渋滞回避を目的としたWaldschlosschen橋建設計画が持ち上がったことにより、この3年あまりユネスコの危険リストに載せられていました。

そしてついに、スペインのセビリアで開かれていた世界遺産委員会は取り消しを決定したというものです。世界遺産登録取り消しは2007年のオマーンのアラビアン・オリックス自然保護区の抹消に告ぐ2例目です。

ユネスコの説明によると登録地域を90%削減し開発する決定をオマーン政府が下したからとあり、それでは抹消は仕方が無いといえましょう。ドレスデンも範囲や名称を変えることで再度登録を申請するとしていますが、さてどなるでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2009-06-29 11:01 | 事故  

<< マイケル・ジャクソンの収支 建設と景観、ザハ・ハディッドの場合 >>