国際コンサルの給与

旧聞ですが、7月10日のBuilding誌にInternational salary guide: where in the world is the best pay?という記事が掲載されました。

簡単に言うと、リーマンショック前までは英国できちんとした経験を積んだ33歳の男性エンジニアはあたりだと、中東で年収最低55000ポンド+福祉厚生手当て完璧といった条件は当たり前で、いくらでも職場はあった。それが今では60のエージェントに登録し、40以上の職に応募したが返事すら送ってもらえないでいる。事ほどさように中東で技術エンジニア職での就職は難しい。
つまり中東の建設不況はまだまだ続いているという意味です。

この調査によれば、金融不況の以前、英国からUAEに移るだけで、給与は。たとえば、プロジェクトマネージャー、英国では平均年収6万ポンドであるのが、UAEに移るだけで3万ポンド上乗せになったとあります。

10年の経験を持つプロジェクトマネージャーの平均年収は8万ポンドで、昨年より1万ポンドさがっています。建築系のサラリーは前年と同じ程度で75,000から70,000ポンド程度

国際的な人材紹介エージェントによれば、ドバイなどで建築専門職の給与は3分の1になった言う話です。

こういう記事を読むと、どこも秋の夕暮れだなぁと。。。。。
[PR]

by fukimison | 2009-07-15 12:08 | 動向  

<< 南ア、ワールドカップサッカー開... パナマ運河第3閘門建設契約、ス... >>