ブルジュ・ドバイ、3ヶ月遅れで完成?

サブプライム、リーマンショックで打撃を受けたドバイ。ドバイは世界の高級リゾートになることで、国を繁栄させる路線をとったわけですが、建物は建てた途端に陳腐化が始まり、どんなに高い建物を建てたところで、いつかは世界1の座を滑り落ちるし、超高層になればなるほど維持管理が難しくなる。こういう理屈でいくと、サブプライムやそれに引き続くリーマンショックが起こらなくても、いつかはドバイ戦略は破綻したのではと想像するのですが、それはさておき、そうはいっても世界1の高さを目指すブルジュ・ドバイの建設は進んでいます。

ブルジュ・ドバイの高さは818mあり、サウジが本当に高さ1000mのタワー建設に乗り出さない限り、当分の間はその座がキープできるでしょう。本来は9月にオープンの予定でした。しかし事業者のEmaarがオープンすると発表したとNCEは7月14日付けのBurj opens 'this year'伝えています。これについてはBuilding誌も7月13日にEmaar to finish Burj Dubai three months lateという記事を出しています。

両方の記事を総合すると、予定より3ヶ月遅れの12月にオープンする。遅れの理由は明らかでないが、年初に数週間にわたり工事が中止された。

ブルジュ・ドバイの航行費は200億ドルに達すると見込まれており、タワーには175室あるArmani Hotel、144室の豪華住宅、800室のアパート、プールが4カ所、当然のことながら展望デッキが組み込まれています。
またブルジュ・ドバイの周囲には世界最大のショッピングモール(1200超の店舗)、住宅30,000戸高層マンション19棟、広さが30エーカーある人造湖が取り巻くように建設されています。

東京タワーが333m、ブルジュ・ドバイと同様の、建物として高層建築物は横浜のランドマークタワー296mですから、倍以上の規模をもった建物です。

よく建てるなぁというのとは別に、3ヶ月の遅れをさらに豪華な仕上げにするために時間をかけているというあたりがとってもドバイな感じがします。
[PR]

by fukimison | 2009-07-17 17:40 | プロジェクト  

<< メキシコ、橋梁崩落で死者8名? 南ア、ワールドカップサッカー開... >>