ウォーターゲートホテル入札不成立

ニクソン元大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件、その舞台となった共和党本部のあったウォーターゲートホテルが入札(競売)にかけられたものの、、、という記事です。

英Building誌はPresidential scandal fails to draw bids for Watergate hotelと、米のFox NewsはあからさまにWatergate Hotel Fails to Attract Bids at Auctionと報じています。

まずはFoxを見ると「7月21日大統領の陰謀で有名なウォーターゲートホテルが競売にかけられたものの落札者は出なかった。」とあります。

このウォーターゲートホテルですが、1967年にオープンし、6つのビルで構成されるウォーターゲートコンプレックスの一部で、有名人が宿泊する高級ホテルでした。2004年にMonument Realtyが施設一体を購入し高級アパートに改築する計画をたてたものの、co-op区画の住人が計画に反対、裁判沙汰にまで発展しました。2007年Momument Realtyはホテルを18ヶ月わたり閉鎖し、1億7000万ドルをかけて改築することを決定しました。ところがそうこうしているうちにMonument Realtyは資金がつきて倒産、債権者のPB Capotalが競売にかけたのです。10社が100万ドルの保証金を払い登録し名乗りを上げたものの、2500万ドルで始まったオークションは3度コールされても沈黙に包まれ、そのまま。

結局Momument Realtyの4000万ドルのローンのかたとしてPB Capitalは新たに買手を探すことになりました。

オープンの値づけをしはオークショナーか債権者がしたのでしょうけど、それが行きすぎだったのでしょうか?
ちょっと知りたい。
[PR]

by fukimison | 2009-07-23 16:10 | つれづれ  

<< またしてもロジャース案、拒否される 世界で最も高い通り >>