ロンドン市長、コロンバスタワー承認か?

このところ大英博物館の新館建築案が却下されたりと、建築計画を巡るやりとりから目の離せないロンドンからまたしても行政区が却下した案件を市長が承認の方向というねじれ記事です。

8月28日付けのBloomburgはLondon Mayor May Overturn Rejection of Columbus Tower Proposal としてロンドン市長のボリス・ジョンソン氏は、地元計画審査機関が否決したカナリーワーフのそばに計画されるコロンバスタワー(244.5m・63階・東ロンドンで最も高いビルとなる)の計画案を覆す決定をおこなうかもしれないと報じました。

このタワーはCommercial Estates Group Ltdが開発を進めているもので、8月4日、近隣の重要文化財建築物(protected building)への影響が大きいとしてTower Hamlets区は案件却下を決定しました。

ロンドン市長は「call in:地方計画庁が行う都市農村計画に対して、環境大臣が強制的に介入すること。詳しくはこちらへ。」というシステムを使うと報じられていますが、何らかの正当な理由が必要になります。

8月28日付け建築専門誌のArchitects JournalはBoris to set historic precedent with Columbus Tower decisionと題した記事の中でその理由を細かく説明していますが、「クロスレールへの資金が作れる」がカギのようです。クロスレールはロンドンの地下鉄網と近郊を結ぶ鉄道で、とにかく予算オーバーが続くトラブルの種のような鉄道です。

市長がコロンバスタワー計画を承認した場合、タワーはクロスレールに500万ポンドを調達するわけですし、カナリーワーフ、ドッグランド地域はすでに高層ビル街なので1棟増えたところで大勢に代わり無く、それより160億ポンドというクロスレール費用の一助の方が重要ということみたいです。
[PR]

by fukimison | 2009-08-31 11:27 | 動向  

<< Carbuncle Cup 2009 中国の富豪レポート >>