Ikea、中東最大の店舗をアブダビに

Ikea、(イケアというべきかアイケアというべきか)スウェーデン発祥の家具屋というのが当たらずとも遠からずだと思いますが、とにかく、9月16日付けのBuilding誌はGiant Ikea to open in Abu Dhabiと伝え、ZawyaはAl-Futtaim and Aldar sign agreement to build Mideast's largest IKEA store on Yas Islandと伝えています。このZawyaはMENA地域のビジネス情報誌です。

まずZawyaの記事を見ると「アブダビ大手の不動産・開発・投資・管理企業のAldar propertiesはMENA地域で最大となるIkeaショップをYasアイランドに建設することをAl-Futtaim社と合意したと発表した」と伝えています。

このYasアイランドですが、これはAldar社が開発中の施設で11月に開業予定であり、最大の呼び物、Marina CircuitのオープニングイベントがFormula 1™ Etihad Abu Dhabi Grand Prix、フォーミュラ1グランプリです。Building誌は「新しい店はこのYasアイランド内のSuper Regional Mallに出店予定であり、このモールは国内外からの集客の目玉となる予定だ」とあります。さらに「Yasアイランドには7つのホテル、140隻が停泊できるスーパーヨットマリーナ、Ferrari World Abu Dhabiと銘打たれたテーマパークと呼び物には事欠きません。

どう考えてもサブプライム・リーマンショック以前の計画ですね。

その証拠に記事は「Alder不動産の今年(2009年)第二四半期の利益を前年同期と比較すると80%も下落しているのがわかる。同社は2008年前期に26億ディルハムの税引き前利益を上げていたが、2009年前期のそれは11億4000万ディルハムであった。」とあります。

大丈夫でしょうか?

この不安を裏付けるかのようにNumber of projects on hold in the Middle East revealed題された記事を読むと、「最新の報告書によればUAEで566、サウジで106、バーレーン54のプロジェクトが保留またはキャンセルされた」とあります。
さらにセクター別にみるとUAEの住宅部門は「217のプロジェクトが中止または保留とされているが、495のプロジェクトが工事中ないしは入札予定だ」とあります。

総量が違いますが、キャンセル数が少ないのがカタールとオマーンで、カタールは総額420億ドルのプロジェクトがあり、124は工事中ないし入札予定であり、キャンセルまたは保留は7つ、そしてオマーンは総額380億ドル、95のプロジェクトが工事中ないし入札予定であり、8つが保留、キャンセルはなしということで優秀です。
[PR]

by fukimison | 2009-09-17 14:59 | 動向  

<< 世界のゼネコンも戦国時代へ チャールズ皇太子の財団、建築家... >>