ソチ・オリンピック 予算の3倍に

10月2日、コペンハーゲンで2016年のオリンピック開催地が決定されます。

でも今日本オリンピックといえば来年のバンクーバー、フィギアスケートの女子シングルはメダルが取れるのだろうか?といったところですけど、インフラ的にみると盛んに建設が進んでいる(はずだ)2014年冬季オリンピックの方が話題豊富です。

9月29日付けカナダのCTVはSochi Olympic budget triplesと題したニュースを伝えています。記事は「29日、2014年冬季オリンピックの開催費用は当初予定の3倍近い1兆ルーブル(330億米ドル)に登る見込みだとロシアの経済紙は報じた」で始まります。

Vedinisti紙は予算のうち7000億ルーブル(230億ドル)は連邦予算でまかない、その他は民間投資家が負担すると地域開発省の資料を引用しています。ソチオリンピック実行委員長のChernyshenko氏は「ソチオリンピックのスポーツ会場とソチおよびソチのあるKrasnodar地方の大型再開発予算を分けて考えることが重要だ。スポーツ会場と関連インフラを含むオリンピック関連プロジェクトの概算建設費用は、以前に委員会が発表した2000億ルーブルに留まっている。オリンピック会場の最終費用は2009年末に全請負業者が決定した後はっきりする」と述べたとあります。

他のニュースソースを調べてみました。9月29日付けThe FinancialはSochi Olympics to get $7.6 bln from Russian budget in 2010と題した記事で「国営報道機関のRIA Novostiによれば、ロシア政府はソチで開催される2014年冬季オリンピックのスポーツ施設建設に対し、2280億ルーブル(76億ドル)を2010年の国家予算から割り当てると大蔵大臣は発表した」と伝えています。この予算は主に道路やスポーツ施設の建設、および立ち退き費用にあてられるそうです。

ソチが候補地に立候補した時、対抗馬は韓国やオーストリアでしたが、2007年にガテマラでおこなわれたIOC総会で招致成功。しかし2008年8月隣国のグルジアと5日間にわたり戦争状態になったことから開催地取り消しの求めがIOCに提出されたりしています。

招致が決まった頃のロシアはオイルダラーで潤っていたそれこそバブルな時だったこともあり、計画は豪華そのもの。各種スポーツ施設の建設に加え、コーカサス山脈のスノースポーツ会場と黒海沿岸のアイススポース会場を結ぶライトレールの建設や複雑なインフラプロジェクトがあります。
これを期にソチをウィンターリゾートとして欧米に売り込もうという算段。
上手く行くとよいのですが。。。
[PR]

by fukimison | 2009-09-30 12:26 | プロジェクト  

<< 英クロスレール、土砂搬出にテム... HSBCの環境インフラファンド >>