ケニア、ナイロビでビル崩壊

アフリカのニュースは来年ワールドカップサッカーを主催する南アが中心となり、あとは大型ダムとか幹線道路の整備などになりがちです。
しかし本日はケニアの首都ナイロビで起きたビル崩壊のお話です。

2009年10月20日付けのBuilding誌はBuilding collapse in Kenya kills at least one personとして伝えています。

ナイロビの郊外で建設中の5階建てビルが突然崩壊し、1名が死亡、15名が重傷を負い、数十名が行方不明になっているというものです。崩壊の原因ですが、建設会社は規則に従わないことでたびたび非難されていたことに加え、週末の豪雨で構造が弱くなったのではないかとあります。

現在ナイロビは建設ブームで、安全基準を守らない建設企業も多いし、近年ビル崩壊事故が発生し、建築基準法の強化が求められているとのコメントがあります。

2009年10月21日のNCE誌は11 die in Kenyan building collapseとこの事故を伝えています。24時間で死者が10人増えていますが、事故規模はまだまだ不明のようです。

さらにケニア土木学会とでも言うのでしょうか、Institution of Engineers of Kenya会員はほぼ毎日といっていいほどの割合で、工事ミスによるビル崩壊の報告を受けているとコメントし、一週間前にケニア建築協会(Kenya Architectural Association)が、ケニアのビルの65%が基準を満たしていないと警告を発したばかりだと伝えています。

そしてこのフレーズ「アフリカでビル崩壊は珍しくない。当局者の腐敗、低水準の資材、未熟練工による作業がその原因となっている」こういうのを読むと、アフリカに建設される巨大ダム、発電所、道路プロジェクトは大丈夫なのかねぇと、つい思ってしまいます。3-5階程度のビルを建設する企業とダム現場が扱える企業は違うというのは解るのですが、実際に仕事をする人はどうなのだろう?
それにしても65%かぁ。
[PR]

by fukimison | 2009-10-23 09:47 | 事故  

<< 中国、前年同期比8.6%のGDP成長 韓国、仁川大橋開通 >>