世界の不動産市場動向-2

12月ともなるといろいろと用事が重なり、あっという間に2日ほど空いてしまいました。
この間、COP15ではいろいろと事件が起きていますが、それがドバイショック的な出来事とならなかったのは喜ぶべきでしょう。

さて、今年(2009年)2月、IHTに記載された記事を元に世界の不動産市場動向をご紹介しましたが、本日はその第2弾としてKnight Frankが12月9日に発表したKnight Frank Global House Price Indexをお伝えします。同社は英国を本拠とする不動産仲介・管理・コンサルタント大手で、各期毎に世界の住宅価格指標を発表しており、これはその第3四半期のものです。

同社は注目すべき点として「1年前と比較して57%の都市で住宅価格は下落したままだ」「過去12ヵ月の単位でみると、イスラエルが13.7%の上昇をみた」「第四半期ベースでみるとシンガポールが15.2%の上昇を見せている」「年間を通して最大の下落を見たのは-47%のドバイであるが、第3四半期だけを取り上げた場合、1.2%の上昇をみた」をあげていますが、私としては若干の疑問が。。。。

インデックスをご覧になると直ぐわかるのですが、事実シンガポールはQ3に+15.20%ですが、年ベースでみると-14.50%であることから、Q3に「急速に回復」とした方が正しいのではといったことです。(細かいといえば、細かい)

住宅調査部主任のコメントが興味深いです。(年ベースで見ると-が多いものの)計測都市の70%でQ3に上昇を見せている(Q2では50%)とあり、全体としては回復基調にあるとしています。しかし欧州から聞こえてくるのは不況でスリ・カッパライ・空き巣が増えたという話しで、仕事で東京を動いていてもレゲエな方がを見かけますし、新聞紙上・高校生の就職率を見ても実感が薄いです。

さらに調査主任は「ドバイの-47%とイスラエルの+14.7%など、トップとボトムの二極化が進んでいるのがはっきりしてきた。」と述べています。
これは金融危機の影響をもろに受けた国と傷が比較的浅かった国との差でしょう。例えばスペイン(年:-8%、Q3:-0.9%)やアイルランド(年:-13.2%、Q3:-3.7%)です。ちょっと良くわからないのが英国で年ベースで見ると-3.1%、Q3ベースは+3.7%で、調査主任は金融危機に大きな影響を受けたものの、住宅需要に対し売却物件不足に押されてと説明していますが、今回のドバイショックを見ると結構英国のコンサル・請負業者が未払い金を抱えていますし、金融機関も繰り延べを受けたりして、この上げ基調がこれからも続くかどうか注目です。
[PR]

by fukimison | 2009-12-11 11:54 | 不動産  

<< 米、Hudson Tunnel... 北海諸国による風力発電送電網構想 >>