ドバイ、カタール、中東いろいろ

もっとグローバルにインフラや都市計画(景観)の記事を紹介したいのですが、正直なところアフリカ・南米・東欧の記事は見つけにくい。つい中東や欧米・中国の記事が多くなってしまいます。それだけポピュラー、注目されている、記者がいるということだと想像します。

またしても中東の記事紹介の言い訳です。

週末も近いので「小話」的な記事を。
1月27日付けBuilding誌はDubai’s ruler offers Victoria Beckham $25m to design hotelとしてドバイのナキールがサッカーのベッカムのビクトリア夫人にホテルのデザインをしないかと持ちかけたという記事を掲載しています。

なかなか刺激的なリードで、不動産価格下落、金融不安にあるドバイのナキールはザハ・ハディドからビクトリア・ベッカムに乗り換えることで、評判の回復を図る計画だとあります。なんでもドバイのシーク、Mohammed bin Rashid al-Maktoum氏はベッカム夫人にナキールのワールドプロジェクト(ドバイの沿岸に建設される人工島リゾートで人工島の形が世界地図型をしている)の中にある豪華ホテルのデザインをしないかというメールを送ったそうです。デザイン料は2500万ドル。

ベッカム夫人は「考慮中」とのお返事らしいですが、ワールドの建設自体は停止状態にあります。ナキール社は、2月から一部で工事を再開するといっていますし、再開発表の記事は1月28日付けのMENAにConstruction recommences at The Worldとして報じられています。

やはり1月27日付のBuilding誌はGulf set to outstrip growth predictionsとして次はカタールが中東の主役になると予想する記事を掲載しています。

その記事は「アナリスト20人を対象にした2009年11月の調査で12.5%であったのが、天然ガスの伸びを考慮にいれると2010年にカタールはGDPにおいて16.1%という中東随一の上昇を見るだろう」と報じています。一方UAEですが、22月の時点で2.95%といわれたDGPの伸びは、今回2.5%と可能修正されています。さらに記事は2010年クウェートが不況から脱し3.4%の伸びをみせ、またオマーンも4%上昇するだろうとしています。
[PR]

by fukimison | 2010-01-29 11:42 | 動向  

<< 英、贈賄法の強化へ 英国、悪天候による工事遅延で賠償? >>