英、プールの跳開橋DfTの承認待ち

久しぶりの英国、しかも橋梁の話題です。

イングランド南西部ドーセット州のプールは海岸線の美しい港町として有名。
多くのヨットや貨客船が行き来する港には1926年製の跳開橋がかけられていますが、80年前と今とでは人口も違えば出入りする船の量・大きさも違うということで数年前から第2跳開橋建設に向けた運動がおきていました。この間の請願運動などはプール郡のサイトをご参照ください。
そして2007年、プールは第2跳開橋としてTwin Sails Bridgeを発表しました。この経緯については2007年3月のNCE、Sailing by: Poole Harbour bridgeをご参照ください。

簡単に言えば、跳開橋は径間の中央部分が2等分され、道路部分は左右に持ち上がるのが普通ですが、これは径間を斜めに分け、直角三角形の斜辺が背中合わせになるように切り分けられた道路が左右に持ち上がるもので、遠くから見るとヨットの帆が張られたようにみえることからTwin Sailsと銘打たれたそうでう。
イメージでみるとなかなか美しい跳開橋です。

その発表から3年、やっと資金面の目処がたち、建設業者の入札も最終段階に来たというのが2010年2月7日のNCEの記事Iconic Poole Harbour bridge poised for construction go-aheadです。

総工費は3700万ポンドであり、うち996万ポンドはThe South West Regional Development Agencyによる融資で、これは既にけっていしているとあります。現在はDepartment for Transport による1410万ポンドの補助金の承認を待っているということです。

全ての承認が得られれば、工事は2010年春に始まり、20ヶ月の工期を経て2011年の末に完成を目指すとあり、このプロジェクトにより5000人の雇用の創設と25ヘクタールのブラウンフィールドが住宅、オフィス、店舗、レジャー・コミュニティー施設に生まれ変わると郡のサイトは記しています。
工事入札ですが、1860万ポンドの目標価格に対し6社がショートリストされ、うち2社が2009年11月にインタビューされており、DfTの承認が降りれば青信号です。
[PR]

by fukimison | 2010-02-08 12:15 | プロジェクト  

<< モロッコ、カサブランカとタンジ... ブラジル、アマゾンダム建設か? >>