ARCADIS社、UN-HABITATと生活の質向上で協働

このところ日本のメディアでは、少子高齢化と都市の今後に関係する記事が目に付くようになりました。とくに多摩ニュータウン・諏訪2丁目住宅建て替え記事は、いろいろな角度から今後の行方を見て行きたいなと思います。そうしたなか、PR NewswireでARCADIS and UN-HABITAT Team up to Improve Urban Quality of Lifeとして記事が流れていたのでご紹介です。

先進国では少子高齢化やアーバンスプロールに対抗する手立てが検討される中、こちらは発展途上にある都市に関するものです。

リリース文は「国際的なデザイン、コンサルティング、エンジニアリング、および管理サービス企業であるArcadis社と都市化や居住に関する国連機関であるUN-Habitat(国際連合人間居住計画)は、世界中で急速に発展する諸都市の生活質向上を目的とした3年間の協働プログラムを発足させた」で始まります。同社は既にUN-Habitatに対し、1月に地震で大きな災害をうけたハイチを持続可能な都市として復興するためのプログラムの作成支援を行っているとあります。

今世紀最大の課題の1つに世界各地で急速に発展する都市の生活の質向上がある。歴史上始めて世界の人口の半分以上が都市に住むようになったことで、世界はurban millenniumに突入した。ほぼ10億人がスラムや標準以下の住宅に住んでいる。これらを理由として、ARCADIS社とUN-Habitatの協働が生まれた。
ARCADIS社の建設、都市計画、水道管理、インフラおよび環境分野での能力を引き出し、同社とUN-Habitatのパートナーシップにより、同社社員のハイチ復興プログラム参加、そして気候変動適応といった分野で世界各国の行政担当者に向けたセミナーを組織することで、都市計画や開発に関する専門知識を広めていくことが期待される。

UN-Habitatはurban millennium問題に対処するため、持続可能な都市化に向け官・民・市民社会の活動家が政策の引き上げ、実践的なツールを共有するプラットフォームとしてのWorld Urban Campaignを展開しています。Arcadis社もドイツのシーメンスやフランスのベオリアと共にWorld Urban Campaignに参加しています。
[PR]

by fukimison | 2010-03-31 11:12 | 動向  

<< パリの超高層建設計画、不況で投... 英コンサル Mouchel社 ... >>