グーグルの新商売、不動産情報

なぜか日本では殆ど伝えられていませんが、米、シカゴでもう3週間近くにもなる請負業者のストライキ、ある幹線道路の再舗装プロジェクトは作業が進まず深刻な事態になっているとか、日本と同じように熱波が襲来している米国、さらに暑そうです。

中国から撤退する、しないで話題を呼んでいるグーグルですが、その影で新しい機能が始まっていました。
久しぶりにoverseas Property Mall のサイトを見たら6月23日付けでGoogle nowlisting propereties on maps - good for buyers and sellersというタイトルの元、グーグルが個人の売却物件をグーグルマップに載せる「無料で」ことを始めたと伝えています。

なんと!知らなかったと思い早速見てみました。
Properties, now on Google Maps in the UK

説明にあると通り、グーグルUKのサイトへ行き、propertyのボタンをクリックすると地図上に赤丸で物件がでてきます。
売却、賃貸、一戸建てをえらび予算の幅を入れて検索もできる。
さらに戸建、タウンハウス、寝室数での絞り込み検索も可能

そしてストリートビューやアースを利用して物件の近所の様子といった環境をチェックもできれば、物件に添えられている写真で室内の様子もわかる。
なんと、便利なことか!

物件を見ると、週当たりの値段も出ていることから長期滞在用に貸すことも考えているのかしら?
だとすると、ホテルを利用するよりも便利な場合がありえますね。
この機能は少し遊んでみる価値がありそうです。
[PR]

by fukimison | 2010-07-22 11:47 | 動向  

<< その後の大連とドバイ 最近の湾岸諸国 >>