最も高い住宅(コンド編)

相変わらず暑いです。37度を経験すると35度でもラクだ、32度であれば今日は凌ぎやすいと感じる、人間って環境に順応しやすいのね。

いままで何度か世界で最も高い住宅というをお知らせしてきました。
ビラはベルギーのレオポルト2世のリビエラにあるものがレコードボルダー
本日お伝えするのはロンドン・Knightsbridgeにキャンディーが建設した新築コンドミニアム物件です。キャンディーといえばチェルシー、チャールズ皇太子がカタール王族に手紙を書き、再開発を覆した物件の事業主のパートナーでした。

8月11日付けSky NewsはWorld's Most Expensive Flat Selling For £140m としてこれを伝えています。

1平方フィートあたり6000ポンド超、two-floor apartmentとあることからいわゆるメゾネット形式という物件と思われます。トンネルで世界スーパーシェフといわれるHeston Blumenthalのレストランがオープンするマンダリンオリエンタルホテルと繋がっているとあります。4つの寝室があり、しかも床から天井までの窓、駐車場付き

記事によればSASで訓練を受けたガード、防弾ガラスの窓、毒ガス攻撃に備えた空気清浄装置にパニックルームとさすが世界で1番を名乗るだけあってセキュリティーの厳重さは日本人の想像を絶します。


しかし1億4000万ポンドかぁ、
買い手は明らかにされていませんが、おそらくロシアのオリガーチかアラブの大金持ちでしょう。
オフィスブロックだったのを2004年にキャンディー社が1億5000万ポンドで購入し、住宅開発したもの。記事にある航空写真でみると眼前にハイドパークが広がり、立地だけでなく眺めも素晴しいことがわかります。周囲の建物とは異なる現代的な建物で景観上はレッドーカードですが、チェルシーのように重文級建築物がなかったことで計画は進んだものと想像します。1億5000万ポンドの土地代+建設費に対し、少なくとも1軒は1億4000万ポンドで売れている、しかし記事によれば35%がまだ売れていない。これから後の売れ行きで大儲けかそれなりかに分かれるのではと想像。

やはり8月11日付けDaily Mailの記事The £140m flatによれば、今までの最高値は2008年にSt James’s Squareの物件に付けられた1億1500万ポンドだそうです。

こういう物件をtrophy propertiesというのかぁ、お勉強です。

しかし記事の終わりをみると、この物件、最高のものは1億4000万ポンドかもしれないが、平均は2000万ポンドとあります。2000万ポンドだっていい値段ですけど、しかし桁が違う。桁が違えば手に入れられる人の年収も桁で違う。そういう桁の違う物件が同一敷地内にあるというのは維持管理・警備などを考える時、どうなのでしょうね?
[PR]

by fukimison | 2010-08-17 11:06 | 不動産  

<< ポルトガルの躍進 アジアの不動産 >>