米、フーバーダム・バイパス橋完成へ

フーバーダムといえば、アリゾナとネバダの州境を流れるコロラド川にかかる大重力式アーチダムで、ルーズベルト大統領のニューディール政策の一環として建設されたというのが定説です。Wikiによれば、「高さ221m、長さ379mで、ダム湖はミード湖と呼ばれ、貯水量は約400億トン」とあります。

このフーバーダムの堤頂にある国道93号線は片側1車線で交通渋滞が激しいため、バイパス橋の建設が進んでおり、このたび開通をみるというのが本日の紹介記事です。

10月20日付けmsnbcはHoover Dam bypass bridge finally opens として「アリゾナ州交通局は工事期間5年超を経て、U.S.93号線沿いのブーバーダムバイパス橋(2億4000万ドル)が正式に10月19日の夜半に開通の運びとなったと発表した」と伝えています。

この記事は10月22日付けKHL誌もHoover Dam Bypass opensとして報じています。

こちらは「10月19日、米運輸長官レイ・ラフード氏は工事に携わった1000人超が見守る中除幕式を行い、正式にはMike O'Callaghan-Pat Tilman Memorial Bridgeとして知られるフーバーダム橋を含むバイパス道を車両が渡り始めた」と伝えています。

大林組と米のPSM Constructionにより建設された工費1億1400万ドルのMike O'Callaghan-Pat Memorial Bridgeはコロラド川にかかるSingle-span Twin-ribのコンクリートアーチ橋で、全長580mの同橋はフーバーダムを渡るのにボトルネックとなっている片側1車線道路の回避道路として建設された工費2億4000万ドルのあるバイパス道(4車線)の一部を成している。

フーバーダムバイパスのサイトを見ると、2005年から建設の始まったこの橋は、コロラド川のブラックキャニオンに川面から900フィート上空にかかっているとあります。

YouTubeにあったフーバーダムパイパス橋ですが、なかなか美しいです。
[PR]

by fukimison | 2010-10-25 15:09 | プロジェクト  

<< ロシア、インフラ近代化政策と建... オーストラリアの建設セクター、... >>