ラスベガス、フォスター設計のホテル、解体それとも?

いろいろな記事を見ていると、米国はどこへ向かっているのか不安になります。
知り合いの米国人、根っからの民主党員のはずなのに、この前の中間選挙、共和党に入れたというし。。。

まずインフラでも景観でもないのですが、11月18日にForeclosure documentation issuesがBoard of Governors of the Federal Reserve Systemから発表されており、その中ほどにRisk to Mortgage Market and Housingという段落があります。いままで何度も読んでいたはずですが、改めて見るとなかなかすごい数字が並んでいます。「競売に処せられた住宅不動産数は住宅価格がピークだった2006年の役100万から昨年の280万に急騰した。今年(2010年)の前半でさらに120万軒が競売にかかけられ、さらに240万軒が6月末で競売に向かうルートのどこかにあるといわれていた。これを総合すると今年だけで焼く225万軒の競売申請があり、また来年も同じような軒数の競売があり、さらに2012年にも約200万軒が控えていることになる。中略、現在約500万件の不動産ローンが90日かそれ以上遅れている、または差し押さえにあっている」
とあり、不況の風ひしひしです。

そこで米建築専門紙のENRを見ると11月17日付けでWill New Vegas Hotel Vanish Or Remain a Ghostly Symbol?という記事が眼を曳きました。

これはラスベガスのシティーセンターに建つHarmon Hotelが解体されるか、それとも高価な広告塔として残るのかというものです。

11月13日付Las Vegas Review Journal紙もCITYCENTER DEVELOPMENT: MGM Resorts targets Harmon Hotel for demolitionとして報じています。

記事は「MGM リゾートの担当者は85億ドルのシティセンター開発の一部であるノーマン・フォスター設計のHarmon Hote(l27階建て)を解体したいと考えている」とあります。

眼を引くところを抜き出していくと
MGM1ri リゾートインターナショナルはドバイワールドと50:50のジョイントベンチャーでシティセンターを運営している。

2008年検査官はHarmonホテルの構造工事が行政に提出された建設プランと一致しないことを発見、そのなかには不適切な鉄筋の配置が含まれていた。

この建物を監督するClark群の建築局担当者はHarmon(当初計画はホテルとコンドミニアムからなる47階建てタワービル)の更なる工事を認めていない。

2009年1月、MGMリゾートは上層階に予定されていたコンドミニアム200室の計画を断念し、27階までのHarmonホテル400室での開業を目指した。

現在MGMリゾートとゼネコンのPerini Guilding社は建設工事の欠陥などで争っております。MGM側は「不適切な建設工事」が満百万ドルもの損害を与えたと主張し、Perini側は工事未払い金4億9000万ドルを求めて訴えているそうです。

どうしようもないから解体してということらしいですけど、フォスター氏は設計料払ってもらっているのでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2010-11-18 12:33 | プロジェクト  

<< チャールズ皇太子の財団、cab... インドネシア、有料道路延伸計画 >>