ブリスベーン、超高層ホテル認可へ

カタールが2012年のワールドカップ開催地に選ばれたことから、中東モノをとおもったのですが、なかなか適当なのがなく、そこに南半球のニュースがなかなかでないことから、ブリスベーンという名前でチョイス。
しかしオーストラリアの開発許可制度、都市開発制度について全く無知で、おそらく英国のそれと似たものなのだろうと想像、個人的にはオーストラリアという広大な国土です、日本の3大都市のような地価じゃないでしょうし、後々の維持管理を考えると超高層にしなくてもとついケチなことを考えます。

11月30日付けQueensland NewsはBrisbane City Council set to approve highrise hotel in CBD as Royal on the Park makes way for CrossRiver rail project と題して、「今朝、32階建てビル(ホテル216室、サービスアパート15室)計画は議会のNeighbourhood Planning and Assessment協議会から予備承認たことで、12月7日に予定されている議会の総会で承認が得られる見込みとなった」と伝えています。

このホテル建設のニュースはBrisbane Times でもNew 32-storey hotel planned for CBD として報じられています。

こちらの方は「現在2棟のオフィスビルがある103Mary Streetに新しく32階建てのホテルが建設される見込みとなった。同ホテルは1階部分にレストラン、客室216、サービスアパートメント15室、3層にわたり53台収容の駐車場で構成」とあります。

neighbourhood planningの座長は「ブリスベーンはメルボルンやシドニーに比べホテルの客室数が少なく、ブリスベーンへの投資を勧誘するためにビジネス街中心部のホテルは必要」と述べていることから、議会の承認は取れたも同様でしょう。

しかし、32階で215室、サービスアパートを足しても230室、うち、4層はレストランと駐車場、述べ床面積10,5425m2はスターホテルというよりビジネスホテルに近いような気がしますが。どうなんでしょうね?
[PR]

by fukimison | 2010-12-03 12:14 | プロジェクト  

<< 米カリフォルニア、高速鉄道工事... Prince's Fo... >>