アブダビ、Alder社の2010年損失は34億ドル

英国の地域分権法案のconsultationも気になるのですが、本日の話題はやはりこれでしょう。

2月9日付けArabian Moneyが伝える$3.4bn Aldar Properties loss casts a shadow over UAE real estate

「Aldar Properties社は年の損失を34億ドルと発表した。アブダビの大手不動産開発事業はは現在計52億ドルにのぼるプロジェクトを実施している」

これに関しては経済紙のBloombergが詳しいです。
Aldar Properties, Abu Dhabi's Largest Developer, Posts $3.45 Billion Loss

「不動産が30%下落し思惑需要が消えたことから債券圧縮のため、1月同社は、フェラーリテーマパークとCBを含め資産を192億ディルハム(1ディルハムが約22円50銭)で政府に売却することに合意している。同社は不動産価格の下落を反映し、第4四半期で108億ディルハムの損金を計上している、通年の損金および評価損は113億ディルハム」
 
計算する気にもなれない、ただ、ただ巨額という印象です。

当然のことならが、建設系の情報誌KHLもState-owned Aldar Properties posts US$ 3.45 billion lossとして伝えています。

内容はbloombergとほぼおなじで、アブダビ最大の不動産開発事業者であるAldar Properties社は113億ディルハム(30億7000万ドル)のカバー資金を除き、不良資産通年の損失を126億5000万ディルハム(34億5000万ドル)と報じたというもの。

政府への売却物件ですが、フェラーリテーマパークのほか、Yas Island の住宅やインフラも売却しています。島全部ということでしょうか?

金額といい、規模といい、一般日本人の想像を超えています。
[PR]

by fukimison | 2011-02-10 12:23 | 動向  

<< 英国、地域主義 米、Better Buildi... >>