中国、コロンビアに鉄道計画提案

パナマ運河の対抗案は以前からいろいろとありましたが、このところ動きとしてお伝えします。

まずは英Gurdian紙が2月14日に伝えたChina goes on the rails to rival Panama canalから。

「コロンビアの大統領は、中国がパナマ運河に対抗する鉄道網建設提案をおこなっていると述べた。全長220kmの鉄道網は北部コロンビアの大西洋沿岸都市であるCartagenaを太平洋岸に結ぶもので、これにより中国は米国を介し商品の輸出、石炭といった原材料の輸入が行いやすくなる」とあり、確かに現在のパナマ運河は大型船は通行ができないし、場合によっては通行待ちをしなければいけないほど込み合っていますが、輸出入の迅速化だけでなく、パナマ運河に比べ輸送費が安くなるか?投資に見合う利益がでるか?といった点はどうなのか?

「船舶の専門家は現在運河での輸送費はコンテナあたり約100ドル、一方鉄路でのコンテナ輸送費はおよそ100ドル、その積み下ろしに各200ドルだろう」と見積もっているそうです。これだけだとちょっとね、ですが、輸出の集積所をコロンビアに建設しようとしているというハナシが加わるとちょっと様相が変わります。

「このプロジェクトは791kmの鉄道建設とコロンビアの太平洋岸にあるBuenaventure湾の拡張(76億ドル)という、アジアへの輸送リンク改善提案の一部」だそうです。

パナマ運河に変わる横断鉄道プロジェクトだけでも、ちょっとびっくりなのに「アンゴラの鉄道網再建、そしてアルジェリアおよび南アフリカといった国々との契約を行っている、今月初頭、イランのPress TVは中国、イラン両国は中国鉄道によるイランの5000kmにおよぶ線路建設(130億ドル)に調印したと伝えた」とあるあたり、中国の躍進は目覚しいものがあります。

2月15日付けChina Economic ReviewもColombia, China mull rail link projectとしてパナマ運河代替計画を含め、中国がコロンビアにいくつかの提案を行っていることを伝えています。

2月27日付けKHLもWill China-Colombia Transcontinental Rail Shut Down Panama Canal?として伝えています。

どうなんでしょうね?現在パナマ運河拡幅プロジェクトが進行中ですし、鉄道貨物の場合は積み替えが必要ですが、運河を船で行く場合は発着港湾での作業だけとなり、その分費用も時間もお得な気がしますが。。。
[PR]

by fukimison | 2011-02-28 10:59 | プロジェクト  

<< ドバイ、ブルジュ・ハリファのことなど 中国、上海のペット規制 >>