Pelliのred building完成へ

昨日に続き米国ものです。
これはプロジェクトなのか景観なのか、カテゴリーに迷うところですが、40年がかりということでプロジェクトに

3月1日付けPRWireNewsは当然ながらArchitectural Landmark Near Completion as Cesar Pelli Tops Out Red Building at Pacific Design Centerというなかなか派手なタイトルで報告しています。

「シーザー・ペリは待望のPacific Design Center最後の建物となるRed Buildingが完成に近づいたことで、同ビルの上棟式を行った。Red Buildingは設計・建設に約40年の歳月を要した西ハリウッドのランドマークとなるショールーム+オフィスの複合施設の3番目の建物だ」

「ペリは14エーカーの敷地を広場を中心に3つのビルが取り巻くような設計を着想、Blue Whaleとあだ名される最初のビルはペリがGruen Associatesの時に設計したもので1975年に完成、これに続くGreen Buildingはペリ自身のPelli Clarke Pelli Architestsとして設計し、1988年に完成」

「この3棟で最もダイナミックなRed Buildingは7層の駐車場の上に、傾斜したウェストタワー(6層)とイーストタワー(8層)の2棟があり、タワーの間は椰子の木が植わる中庭。ウェストタワーはハリウッド・ヒルズ側から内側へ、イーストタワーは上方へ傾斜している」とありますが、言葉での説明より見たほうが早いということでRed Buildingのサイトをどうぞ。

Red Buildingは400,000平方フィートのオフィススペース(ウェストタワー:185000平方フィート、イーストタワー:215,000平方フィート)を擁し、ワールドクラスのオフィスビルとあります。

開発事業者はCharles S. Cohen
[PR]

by fukimison | 2011-03-04 11:24 | プロジェクト  

<< MIPIM2011 米、鉄道プロジェクト >>