海外情報

なんともすごい地震と津波、まだまだ余震が続いています。
1番の節電は東電管内の飲料自販機を切ることではと愚考。

インフラ的にいろいろありますが、本日は海外建設記事のヘッドラインのご紹介ということで。

まず3月13日付け英国の本流インフラ専門紙NCEのトップ記事はJapan earthquake and tsunami: UK calls for safety review of new and existing nuclear reactors として「Energy and climate change secretary Chris Huhne has called for an investigation into the implications for UK nuclear energy policy amid a worsening nuclear plant crisis in Japan following Friday’s devastating earthquake and tsunami」で始まります。エネルギー・環境相のクリス・フーン氏が調査を命じたということで、日本の地震と津波による原子力発電所の危機により原発設置に動いていた英国の原発政策が見直されるかもしれません。

また一般紙のBBCのトップはJapan quake: Fukushima plant alarming, says Naoto Kan官首相の福島原発は依然として憂慮すべき状況にあると述べたとあります。

3月13日付け米国ENR誌もトップ記事は原発関係のPartial Meltdown Feared at Japanese Nuclear Plantsで、Officials of Tokyo Electric Power Company were flooding two nuclear reactors at its Fukushima Daiichi plant with corrosive seawater and boron and planning to pump seawater into a third in attempt to cool the reactor cores damaged after the earthquake Fridayとあり、東京電力の対応に関する記事となっています。

原発気になります。

そして自然の力を考えるとインフラってなんなんでしょうね。
NYTの写真すごいです。
Satellite Photos of Japan, Before and After the Quake and Tsunami
[PR]

by fukimison | 2011-03-14 11:42 | つれづれ  

<< お断り ADB、インドの道路改善プロジ... >>