CABEの新名称

まだまだ福島原発は予断を許さないし、被災地では救援・支援が続けられています。周囲の情報を総合すると、どちらもなかなかクリティカル。原発は気をもむぐらいしかできないけど、被災地支援はと思いますが、現地は阪神淡路からのベテランもちょっとやそっとじゃ手が出せない、遺体の搬送ができるぐらいの根性がないとということで、キモチだけの素人が足手まといになるより、義援金を送るのが良さそう。

こんな時に必要なインフラ・都市計画談義はなにかなぁと思うのですが、1つは仮設より本設で、田老町の例を見て、自然は人より強大であり、想像を絶するものだと肝に銘じ、スーパー堤防ではなく、避難に重点を置く、3、住宅は高台、海岸に漁具などの倉庫で通勤する、しかし基本は個人の納得、4、所有権の制限を行わないと難しいでしょうけど、遊水地、浸水地を広くとり、水の入ることを前提とした場所を確保

で、本日の話題ですが、3月21日付けBD OnlineにCabe could become 'DeCabe'という記事がでました。

内容はCABEのボスと合併先のDesign Councilのボスが名称について綱引きをしているというもので、「先週ロンドンで開催されたThe Future of Design Review(主催:New London Architecture(NLA)のセミナーでDesign CouncilのDavid Kester 氏は新しい機関はDesign Council Cabeという名称で政府およびCharity Commissionが承認したと述べた」そうです。

NLA会長談話として「新規発足する法人とこの種のサービスを提供したいとする首都周辺の各種団体とデザインレビューのトレーニングをする契約を結ぶ計画だ」と伝え、この各種団体には地方自治体やPrince’s Foundation for the Built Environmentといった関係諸団体が含まれるとあります。

最後に3月21日付けBBCのもので、Japan rebuild could take five years, World Bank says は「世銀は被害総額2350億ドルで復興に5年を要すると述べた」とする記事をお伝えしておきます。
[PR]

by fukimison | 2011-03-22 11:43 | 動向  

<< 世界の再生可能エネルギー事情 原発問題 >>