災害について

のんびりインフラについての個人的な感想を書いてい良いのだろうかと思う今日この頃

そんななか、3月18日のThe News Gateway to Viet NumにVietnam to continue nuclear project amid crisisという記事を発見。

記事は「日本の福島原発危機について懸念が高まる中、ベトナム政府高官は2014年に原子力発電所を建設する計画を続行する予定だ」と述べたで始まります。

お節介ですが、「やめといたら」と言いたくなる。

これは福島原発の有様を見ていて思うことに加え、2011年3月29日に保険大手のSwiss Re社が出したリリース文に「2010年、自然大災害と人災による経済損失は2180億ドルであり、保険会社にとり430億ドルの費用となった。これは2009年の3倍にあたり、これらにより約304000人が死亡し、1976年以来もっとも高い数字となった」とあります。

また「少なくとも10億ドルの保険損失となった災害で目立つのが地震、1位、2月にチリで発生した地震(80億ドル)、2位、9月のニュージーランド・クライストチャーチの地震(44億ドル)だ。3位は欧州西部で発生した冬の嵐(28億ドル)」

このリストにBPによるメキシコ湾原油流出事故もありますが、10億ドルで地震災害に比べればそれほどでもと感じてしまう。「アジア圏の被害は約750億ドルで最も痛めつけられた地域と言えよう。パキスタンおよび中国の数ヶ所は夏に激しい豪雨による洪水に見舞われた」とあり、十重二十重に信頼の置ける設計にしてあっても、その想定が過去からの算出である限り、ベトナムの原発に懸念を覚えます。

これに加えて、2011年3月30日付けWashington PostがDisasters cause profits at insurance market Lloyds of London to fall 43 percent in 2010という記事をだしていることから、保険の引き受け手もなかなかだと思います。

「ロイズ社は2009年の税引き前利益39億ポンドに比して2010年は22億ポンドに下落した。その原因はチリ・ニュージーランドの地震、BPの石油流出事故だ」とあります。

へんにちぢこまる必要はないけど、でも、コントロールできる範囲にとどめておきたいものです。
[PR]

by fukimison | 2011-03-31 16:28 | つれづれ  

<< 米、不動産の動向 欧州の風力発電状況 >>