ロンドンオリンピック スタジアム完成

たまにはパッと明るい話題をということで、来年に迫ったロンドンオリンピックのスタジアム完成というニュースをお伝えします。

これは4月6日付けKHLに掲載されたもので、オリンピックのオフィシャルサイトによると3月29日が完成ということになっているようです。

当然ながら業界紙とオフィシャルサイトでは視点が違うのでKHLの記事、London Olympic Stadium completed earlyこちらをまず紹介しましょう。

「座席数8万、ロンドンオリンピックの目玉となるスタジアムが予定より3ヶ月早く、さらに8億500万ドルという予算に比べ1620万ドル安く完成した。元請業者のSir Robert McAlpine は2008年5月にプロジェクトを開始した。」

「スタジアムは長軸が315m、短軸256mの楕円形をしており、スタンドは競技フィールドより60m上方であり、周辺の長さは860m、スチール量10000トンと史上最も軽量のオリンピックスタジアム」とあります。

一方完成を伝えるオフィシャルサイトConstruction complete on London 2012 Olympic Stadiumは、「スタジアムに最後の芝土が植えられ、スタジアムが完成した」と伝え、建設業界紙とは、趣が違いますね。

しかし「240を超えるUK企業がスタジアムの建設契約を受注し、この間に5250人超がプロジェクトにかかわった」とオリンピックが産業振興であり、経済刺激剤であることを示しています。

しかし、無事故のレコードも立てたようで、安い・速い・無事故とめでたいことです。
[PR]

by fukimison | 2011-04-08 11:36 | プロジェクト  

<< グーグル、ドイツの太陽光発電に... インフラとは? >>