チェルノブイリ25周年

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故が起き、これから25年目となる昨日、記念式典(というのだろうか)行われました。福島のこともあり、また、石棺と呼ばれている原子炉を覆うコンクリートの劣化問題や今後の原発行政に対し、推進・反対、両派のせめぎあう日となりました。

まずAFPをソースにしたYahoo NewsはRussia, Ukraine leaders mourn Chernobyl nightmareとして「ロシア、ウクライナのリーダーは史上最悪の原発事故から25年を記念し、チェルノブイリを訪れた。この地を始めて訪れたメドベージェフ大統領は、福島、チェルノブイリの惨事を繰り返さないために新しい世界的な原子力安全会議の設置を呼びかけた」とあります。

25年前は旧ソ連時代ということもあり、情報が出てこなかった。そこでざっくりおさらいです。
1986年4月26日午前1時23分、チェルノブイリ原子力発電所の作業員が4号原子炉の試験を行っていた際に作業ミスを起し、これにより数回の爆発が引き起こされた。これにより高濃度の放射性物質がベラルーシ、ロシア、遠くは西欧まで撒き散らされることになった。爆発で作業員2名が死亡、このほか救助隊員や作業員28名がその後、数ヶ月内に死亡、何万もの人が避難を余儀なくされた。

また1976年、87年に旧ソビエト政府は50万人超の作業員を原発処理、地域の除染作業に送り込んだ。この作業員も被曝し、何千人もが死亡したと元作業員は述べています。

IAEAのサイト、Chernobyl 25years 25storiesでは、この数字大分かわります。

緊急対応をした作業員約50名が直後に死亡、IAEAとWHOで構成されたChernobyl Forumが2005年に行った調査では今後4000名が被曝により死亡、放射能による避難者は35万人だそうです。この中にある、空撮映像を見ると爆発の凄さがわかりますし、マスクもせず、シャツ姿で瓦礫を片付ける作業員を見ると、放射線病でなくなった方の数の不確かさを感じます。またウクライナと同様、大きな被害を受けたベラルーシは、いまだに放射線falloutの事故処理に年間予算の17%を支出しているそうです。

25年が過ぎ、石棺が劣化し、ねずみが出いるするぐらい大きなひび割れが出来ているという話もあり、新しいシェルターの建設が計画されています。

これについて4月19日のbloombergがチェルノブイリ:新たな石棺費用は2000億円、さらに100年間封印へ として報道していますし、このほか、廃炉となった1-3号基の使用済み核燃料の処分費用など、必要な資金はいくらあってもたりそうもありません。

人々の生活、人生を大きく変え、その上これではなんとも、なんともです。
[PR]

by fukimison | 2011-04-27 10:51 | つれづれ  

<< 英、不確実性に脅かされる環境投資 ソース・ロンドン >>