目に付いた記事3点

ロンドンオリンピックまであと1年、論争を読んでいるテムズ河の桟橋的公園に関し、設計者のゲンスラーが新たなるイメージを発表しています。甲虫的な屋根の形状はなくなったけど、さてどうなるのでしょう?11月15日に審査官へ提出だそうですけどCABEはなんと言うか?川面の有効利用なのでしょうが、水面にこういった施設を建設するよりも川岸ですね。

ロンドンの次ぎの開催地ブラジルで相次いでスポーツ大臣辞任が辞任しています。これは10月26日付けのN.Y.Timesですが、Brazil’s Sports Minister Steps Downによれば、「汚職批判の最中、スポーツ大臣が辞任、1月にRousseff大統領が就任して以来6人目の辞任」とあり、ブラジルの情勢なかなか派手ですね。

記事を読むとオリンピックにワールドカップサッカーを控え、スタジアム建設などなどに多額の予算を組んだあたりからスポーツ大臣に対する批判が始まり、直接の辞任の原因はスポーツイベントに参加するNGOからキックバックを求めたという報道が流れたためとあります。

あと目に付いたのは日本の記事ですが、東急がベトナムの国営開発会社と一緒に都市開発を行うという契約に調印というもの。

リリース文によると都市開発だけみたいですが、将来的には鉄道運営事業もなのでしょうか?
これもDBFOと言うのかな?
[PR]

by fukimison | 2011-10-28 13:53 | つれづれ  

<< メキシコシティ、Earthsc... 仏、スーパー併設郵便局 >>