アジアの観光業界のことなど

いつものようにザッピングしていたらTTG Asiaというサイトにぶつかりました。travel trade journalism(こういうカテゴリーがあると初めて知りました)と分類しています。
ホテルやエアラインの動き、当然、インフラの動きと連動ということで、目に付いた記事を数点まとめてみました。

まず11月28日付けHotel Newsのセクションから
Wyndham Hotel Group to grow footprint in China and India
記事のリードは「WYNDHAMホテルグループは中国とインドで拡大を図るべく、同社のラマダブランドで中国ホテル5軒、インドではウインダムホテルリゾートおよびラマダのブランド名で3軒を建設するフランチャイズ契約を結んだ」で、中国・インドで計8軒のホテル建設計画が示されています。

中国に建設予定の5軒のホテルは下記の通り、
Ramada Taizhou Eastは227室(スィート35室を含む)で江蘇に建設され開業予定は2012年10月
Ramada Plaza Rizhaoは全212室(スィート12室)、山東に建設され2012年12月開業予定、
Ramada Yangzhou(揚州) Baoying(201室)2012年3月開業予定
Ramada Wuxi(無錫) City Center,(220室スィート18室)2013年10月開業予定
Ramada Plaza Dongxing(東興) City Center,(300室スィート32室)2015年11月開業予定

インドにおいてウィンダムホテルグループは、ラグジュアリーホテルであるウィンダムグランド(154室)を年内にアゴラに開業予定である。またアレッピー(112室)とガジアバード(100室)でもホテル建設が進んでいる。

ウィンダムホテルグループは既に中国で43軒、インドで14軒のホテルが稼動しているとあり、観光とビジネス両面でホテル需要が今後も拡大していくと見ているのが明らかです。

では交通(航空業)はどうかというと11月28日付けでChina Airlines to launch new routes from Taiwan to Japanという記事がありました。

「中華航空(CAL)は11月10日の日本・台湾オープンスカイ協定調印を受け、来年(2012年)早々に台湾・日本間の新規路線立ち上げを加速している」

「協定設置以前、日本側はJALとANAの2社、台湾側はCALとEVA航空の2社のみが主要ルートに就航していたが、この協定の元、他の台湾の航空会社も日本に向け就航可能となる。CALによれば、2010年110万人の日本人が、一方で140万人の台湾人が日本に旅行し、計250万人が両国間を訪問したことになる」

3月11日の東日本大震災により台湾から日本に向かう旅行者は激減し、半年経過してもまだ回復はおぼつかないが、最悪の時期は脱したと見られ震災前の80%にまで回復しつつあるのだそうです。

現在CALは台湾から日本の8都市(成田+羽田の東京、大阪、名古屋、福岡、広島、宮崎、サッポロ、沖縄)
に就航しているが、このオープンスカイ協定により他の都市への就航が見込まれ、現在鹿児島、静岡、新潟、冨山そして台湾南部の高雄・大阪間の就航が検討されているのだそうです。

羽田の24時間空港化とオープンスカイ協定、そうなると問題として持ち上がるのは公共交通機関の24時間営業でしょう。
せっかく格安航空や仕事を終えてから飛び乗り、翌朝の会議に間に合うようにスケジュールを組んでも、今みたいに12:00過ぎに終わるリムジンバスや京急では意味がない。深夜帯は30分に1本でよいから渋谷・品川あたりに出るバスを用意しないとね。
[PR]

by fukimison | 2011-11-29 11:33 | つれづれ  

<< 米クリーブランド再生プロジェクト 米、空き地の緑地化により犯罪減... >>