インド、PPPによる道路プロジェクト

本日はカナダとインドの企業が参加するインドネシアにおける道路PPPプロジェクトの紹介です。

11月29日付けBusiness Lineの記事Ashok Piramal Group, IDFC, SNC-Lavalin partner for road projectsは「Ashok Piramal Group (APG・インドのコングロマリット)はインドにおいて官民パートナーシップ(PPP)による道路や自動車専用道路プロジェクト開発を目指し、IDFCのインドインフラファンド(India Infrastructure Fund :IIF)とカナダのSNC-Lavalinとタッグを組むことに成功した」で始まります。

三者によるJVのPiramal Roads Infra Pvt Ltd (PRIL) が設立され、APGが51%、IIFが39%、そしてSNC-Lavalinが10%を保有とあります。

12月2日付けKHLは欧州を本拠とするからかSNC Lavalin in India roads JVとカナダ企業サイドからの記事を掲載しています。
「IIF重役は今後3-4年でPRIL社のプロジェクトポートフォリオに10億ドル超があることを期待」と述べたとあります。、

またAPGの重役もインドのインフラセクターは「大きな機会」をもたらしており、2015年までにインフラの担い手としてトップの地位を占めることを目的としている」としています。

いや、インド強気です。
[PR]

by fukimison | 2011-12-05 21:11  

<< Autolib、運用開始 米クリーブランド再生プロジェクト >>