ニュージーランド、Whangareiで跳開橋工事始まる

本日ご照会するニュージーランドの跳開橋ですが、まずはイメージを見ていただくのがよいと思います。

PDFのイメージで7枚組みです。
Hatea River Crossing

概略を説明するとニュージーランドのファンガレイ(Whangarei・ノースランド地方にある港湾都市)を流れるハテア川(Hatea)に工費1400万ポンドの跳開橋建設工事が始まったと言うものです。

まずはファンガレイ地方議会サイトにあるこのプロジェクト(Hatea River Crossing)の説明をご紹介しましょう。

旧Pohe Island 埋立地を介してRiverside Drive とPort Roadを結ぶ新い道路橋(1260m)が建設される。
Hatea川にはヨットの通過を可能とするため全長200-300mの跳開橋が建設される。
橋梁は水面から7.5mあり、これにより大部分の船舶は跳ね橋を上げなくても通行は確保されるだろう。
Riverside DriveからPort Roadに至る3.5mの歩道と自転車の共有道路

完成は2013年の予定であり、設計は英国のMartin Knight氏

11月23日付けScoop記事Landmark moment for Lower Hatea River Crossingによれば、「この2900万ドルのプロジェクトはWhangarei議会とTransfield Services/McConnell Dowell Joint Ventureのパートナーシップにより実施され、資金は同議会とNew Zealand Transport Agencyが50/50で拠出の予定」とあります。

この跳開橋、シーソーのようなつくりですが、実際はどうなんでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2011-12-15 21:04 | プロジェクト  

<< 年の瀬に 米PNYNJ、WTC再開発費用... >>