最近のベトナム事情

このところ欧州のニュースが多かったので本日はアジア、アジアの中でも話題に上りやすい、中国・インドではなくベトナムを選んでみました。

12月8日付けViet Num Timesにある記事Vietnam to build $10mil theater for Miss Earth 2012によれば、Ninh Thuan省Phan Rang市に建設予定のSan Ho劇場(工費1000万ドル)の起工式が12月10日に挙行される見通しだ」(Ninh Thuan省はベトナム中部の省でPhan Rang市はその省都、別件ですが、Ninh Thuan第2原発に日本が5520億VND出資というのもあります)

工事は来年(2012年)8月に完成の予定、劇場の最大収容人数は2000人、形状は波またはシェル型をしており、劇場のほか、レストラン、ショッピングモール、娯楽施設などを含む複合施設として建設予定。出資者によれば、投資額は1000万から1500万ドルで、劇場では大型イベントが開催される見込み

これも12月12日付けViet Num Timesにあったものですが、PM issues new directive for real estate managementというもの

記事は「グエン・タン・ズン首相は国内の不動産市場管理強化を目指し、新しい指令を発令した。首相は住宅開発プロジェクト及び不動産投資および販売における検査および投資ライセンス許諾に関し、管理機関の役割強化を求めている。建設省は不動産市場、特に住宅用不動産において管理および規制を強化すると同時に、2012年第1四半期に不動産プロジェクトにおける政府における調査の結果報告を行うよう求められている。さらに同省は学生、労働者および低所得者向け住宅の建設プロジェクトを促進する必要がある。」としています。

記事は建設省に対し市場への規制指示のみならず、財務省に対する首相指示にも言及があります。

「財務省は未使用の土地および住宅のみならず、制限を越えた住宅および土地に関する条例の改正の調査および勧告も指示されている。改正は投機の阻止および歳入増加を目的としている。
ベトナム国営銀行は銀行セクターの不良債権を制御を行うと共に、、不動産市場の信用を確保し貸し付けおよび不動産証券取引に関し厳格な管理を行うため、商業銀行および金融機関に対し法令実行の指示を行っている。」

中国のような不動産投機を避けつつ低所得者向け住宅の拡充をはかろうということでしょう。
バブルがいつはじけるとウワサされる中国よりベトナムの方がねらいめ?
[PR]

by fukimison | 2011-12-23 14:47 | つれづれ  

<< 年末にあたって ロンドンの自転車事情 >>