英、クロスレールのTBM

週末に参加したセミナーで20年先には無貯蓄世帯が40%に達すると。現在でも5人に1人は無貯蓄、それが倍増するということです。1年に20万戸の空き家は生まれるし、いままでのシステムを本当に見直さないとどうにもならない地点に立っているし、世界的に国家が揺らいでいると感じます。

本日は写真に惹かれてのチョイスです。
1月12日付けLondonistの記事Name The Crossrail Tunnelling Machines

「長年の伝統によれば、TBM(トンネルボーリングマシン)は名前を与えられないと稼動できない」

クロスレイルは6つある重さ1000トン、長さ140mという巨大TBM用に提案を求めている。これらは組になって工事をおこなうことから、名前もペアでしかも女性名である必要があるという。名前の募集期間は2月6日まで。

命名者になると、500ポンド相当のユーロスターバウチャーがもらえるとあります。
個人的には、500ポンドのバウチャーよりも副賞の1号機が稼動し、土中へボーリングを開始する瞬間に立ち会えるのほうが楽しいなぁ。

クロスレイルのサイトではCrossrail launches competition to name giant tunnelling machinesとして紹介されています。

これによると「今春、最初の2機がRoyal Oakから東へPaddington, Bond StreetおよびTottenham Court Roadへ向け全長6.4kmのボーリングを開始する。Farringdon へは2013年夏に達する予定、今年の後半になり、2番目の2機がDocklandのLimmoから西へ途中ChitechapelやLiverpool Streetを経由しFarringdonへ達する8.3kmのボーリング開始の計画。冬になり、2機のTBMがPlumsteadからテムズ川の下を通り、North Woolwichへ向かい2.6kmのボーリングを始める予定とあります。

一時に6機のTBMがロンドンの地下で稼動する。なんともすごいものです。
[PR]

by fukimison | 2012-01-16 11:12  

<< ドバイ、世界最大の太陽光ファー... サウジとバーレーンのインフラプ... >>