ドイツのE.ONとRWE、英原発建設プロジェクトから撤退

3月も終わりに近づき、時のたつのの速さを感じるとともに、今年は3月なのに寒いナァです。それとも暖冬に慣れたためであり、本当はこんなもの?

日本は泊原発が止るまでに大飯原発の再稼動がなければ、全原発が停止という事態に、経済界は原発再稼動を唱え、政治家は動かそうとし、しかし地元民は危ないからいやだといい、それを見ている・一番の利用者でもある都会人は、さてどうしたものかと腕組み状態

そこで英国での原発建設プロジェクトの話題を選んでみました。

元記事はこちらUK energy plans in 'tatters' after Npower and E. ON nuclear plant withdrawal

「29日、英国の長期エネルギー政策は6大エネルギー企業のうち2社が、数十億ポンドの新規原発開発計画からの離脱を表明したことでご破算になった」

「反対派は、この決定は150億ポンドのホライゾンプロジェクト、これは北ウェールズのWylfaとグラスゴーのOldbury-on-Sebernに原子炉を建設するものだが、は事実上終わったも同様と述べている」

「エネルギー会社は、2025年までに6,000メガワットの新規原発を建設する計画であった。この決定は世界的経済危機および膨大なプロジェクト費用によりなされた」

この発表はロイターもRWE, E.ON scrap 15 billion pound government nuclear planと伝えています。

両社はなるべく早く買い手を見つけたいとしていますが、こういうのを買える企業は初めからわかっているでしょうから、有る程度目算はあるということ?

英国政府の長期エネルギー政策が不透明なこと、ドイツ国内にある旧式の原発の解体費用が嵩み利益幅が縮小していることなどが撤退の理由として挙げられています。

福一以降、原発は本当のところ儲からないというのが本音みたいですね。
[PR]

by fukimison | 2012-03-30 12:10 | プロジェクト  

<< やっと開通 香港、第3滑走路建設へ >>