ベルリン、新空港開港遅れる

最近の格安高速バスの記事を見ていると規制緩和=テキトーな会社の乱立という単純化した報道が多いように感じるのはわたしだけ?全部が良かったというのはまずない、良かれと思って始めても、大抵はそれをねじれた活用で利益を揚げようとすることから問題は始まるように感じます。
都市問題でいえば、重層長屋もそうだし、総合設計もそう、

それは兎も角本日の記事は鳴り物入りで建設されているベルリンの新空港オープンが予定より遅れるというもので、まずは5月9日付けBloombergのBerlin’s New Airport Opening Delayed as Fire Safety Fixedからです。

「ベルリンの新空港は6月3日の開港予定に運行が始まらないことから、ルフトハンザやエアベルリンといった航空会社は混乱状態に」

6月3日といったらもう一ヶ月を切っており、いまさら、そんなこと言われてもフライトスケジュールは対応できないというのが航空各社の言い分だろうと思います。

なんで今になってというと「Berlin Brandenburg Willy Brandt 空港は約25億ユーロ、(33億ドル)の費用をかけたプロジェクトだが、火災発生時の排煙システムテストが完全に作動しないため開港が遅れると運営者事業者が発表」なのだそうです。

「もともと2011年に開港予定だったのが遅れており、エアベルリンのハブとなるはずの同空港は年間2700万人の乗降客を扱うところから始まり、最終的には4500万人が利用する空港へと成る予定。この完成をまって、現在ベルリンにある2つの空港(TegelおよびSchoenefeld)は閉鎖される計画である」

2度目の計画遅延ってどういうこと?たしかドイツは空港運営には定評があり、デュッセルドルフ空港の運営企業はフィリピンのアキノ空港運営を請け負うというニュースを以前、見たような記憶が。。。。

5月9日のAero Newsの記事Berlin's New Airport Faces Additional Delaysは「ベルリン新空港の開港はすくなくとも数ヶ月遅れそう。既に新空港からのエアベルリンやルフトハンザ便を予約している旅客があることが、問題をさらに難しくしている」とあります。

記事はさらに「6月2日に予定されていたTegelとSchoenfeld空港から新空港への機材移転は既にキャンセル、また6月3日の新空港オープン日にフライトを予約していた旅客は数千人におよぶ」と続きます。

こういう時はどうするんでしょうね?
近隣の空港で代替便の発着ができるようなスロットを買い付けるんでしょうか?
代替空港までの旅客の足は?

その費用は新空港運営会社が負担するんだろうか?
ともかく、お疲れ様です。
[PR]

by fukimison | 2012-05-11 14:34 | プロジェクト  

<< 中国、超高圧送電網建設へ 稼動原発がゼロになって >>