サンフランシスコのスクーターシェアリング

発電関係の記事が続いたので、本日はちょっと軽めのものにしました。

米サンフランシスコでスクーターシェアリングが始動というものです。Scoot Network

なぜスクーターかというと、坂の多いサンフランシスコだと自転車はキツイ、カーシェアリングは駐車場を見つけるのが大変ということで、バイクのように運転免許も要らず、手軽さとしては自転車と自動車の中間のスクーターになったらしい。

アメリカらしいというか、やっぱりというかスマートフォンで操作するのが面白いです。

スマートフォンを使って利用可能なスクーターを探す、
スクーターにスマートフォンを取り付ける
スマートフォンでロックを解除し、支払いも行う、(アンドロイドとアップルスマートフォン)

これを伝えるInhabitatの記事Scoot Launches Electric Scooter-Sharing Program in San Francisco!によれば、都市計画家のM.Keatingがサンフランシスコみたいな過密都市を自由に、しかも安く動き回るにはということで考え出したそうです。スクーターは簡単に駐車でき、安く、電動なのでエコ、

とりあえず、サンフランシスコのSoMa地域に駐車場4カ所、計60台のスクーターで開始、利用するには登録が必要、利用料は月5ドルから、これに保険も含まれているそうです。

東京も少しづつ自転車道が整備され始めてきました。スクーターも良いけど、電チャリもありかな?と思う今日この頃
[PR]

by fukimison | 2012-09-27 11:30 | つれづれ  

<< 仏、高速鉄道建設 英原発入札に日立参加 >>