ロンドンのGreen Infrastructure Ideas Competition

本日の記事はGreen Infrastructureということでランドスケープ、景観になるのだろうけど、でもどうなんでしょうね?
「みどり・植物」というと太陽いっぱい、広々といったイメージが浮かびますが、写真でみるかぎり大分違います。

City PlanterにあるHigh Line for London competition shortlist revealedですが、まずHigh LineはNYCで評判をとっている旧高架貨物線跡を公園にしたプロジェクトをです。、NYCで治安の悪い地域と言われていたミートパッキングエリアを通り、34丁目あたりまでを結ぶ貨物線、しかも高架で貨物の出し入れができるよう建物の中を抜けてと日本では見られないルート取りをしています。それを緑化し空中公園にするとともに、現代アートを展示したりして人がそぞろ歩く、憩う場所に変身させたことで大評判となっています。

そこでロンドンでもこのような仕掛けができないかということではじまったのが、このコンテスト

コンペということで、このたびショートリストが発表されたというのがこの記事です。

記事は「オックスフォード通りの下にマッシュルームの庭、カナリーワーフに浮かぶ農場、そしてリージェントの運河に葦に囲まれた水泳レーン、これらはロンドンにおける新しい緑の空間コンペにショートリストとしてノミネートされた20のアイディアの一部だ」で始まります。

このユニークなコンペは170超の応募作に恵まれ、NYCのハイラインの提唱者を含む専門家により審査され、10月8日、ロンドン市長のジョンソン氏により優勝者が発表される。優勝者への優勝賞金は2500ポンド、次点には500ポンドが送られるのだそうです。

10月8日の優勝者に関する記事はgristのLondon wants its own High Line, but underground and with more fungus が詳しいです。

優勝はタイトルからもわかるようにFletcher Priest によるPop Downと銘打たれた作品
これはオックスフォード通りにしたにある古い郵便トンネルの壁にグラスファイバーのマッシュルームを作成したマッシュルームガーデンというもの

全20作品はオンライン上でも「鑑賞」できます
[PR]

by fukimison | 2012-10-11 13:15 | プロジェクト  

<< サウジ、高さ1001mのキング... インフラ防御に$32.55bi... >>