気になるトピックを少しづつ

このところの気温不順で絶不調、しなければいけないことが山積みなのに、

インフラ関係ではないのですが、University and College UnionのOver 1m young people in England are unemployed or outside educationによれば、イングランドの16歳から25歳の6人に1人がいわゆるニート、1年前に比べれば減っているけどはっきりいえば微減、職業訓練費などけっこうかけているようですが、なかなか効果は上がっていない様子。

これについて思い出すのは田中文部大臣の新設大学不認可を巡るゴタゴタ、大学はもう飽和状態であり人口減の将来を考えれば当然とする意見もありますが、本当のところはどうなんでしょう?専門学校の充実を図るほうが良いとする説、どれもこれも経済面からの考えで教育を必要としている人の側からの意見が見受けられないように思うのですが、どんなもんなんでしょう?

あとニューヨーク市ではじまったInformation Kiosksの動き、Answers for the Tap-Tapping Where a Pay Phone Had Been
これは以前は公衆電話のブースだったところを情報端末に変えるというもの、
記事によれば32インチのタッチスクリーンパネルが貼られ、知りたい情報を得るというもの。
市内250ヵ所の旧公衆電話ブースにいわゆる「スマートスクリーン」が用意されたというもの。

今後どのように発展していくのかちょっと楽しみです。

以前、英国では公衆電話を1ポンドで地元自治体に譲り渡し、買い受けた地域がミニギャラリーにしたりという話がありましたけど、単に取り外していくNTT,ちょっと芸がないぞです。
[PR]

by fukimison | 2012-11-26 20:57 | つれづれ  

<< 中国、Nail House スイスの国民投票のことなど >>