カナダ・オンタリオ州に建設中のAbsolute完成

これはどうしても写真を見ていただきたい。

まずはWIKIにあるAbsoluteの説明から
全部で5本のタワーが建設され、うち2本が左ページにあるくねくねというもの。

Wikiの概要によれば、オンタリオ州Mississaugaで進められているAbsolute City Center開発は5本の超高層住宅棟からなるもので、うち2本が写真のようなくねくね。プロジェクトはFernbrook Homes および Cityzen Development Groupにより進められている。

記事としてはInhabitatのMAD Architect's Curvaceous Absolute Towers Are Now Complete in Canadaのほうがずっと面白くて解りやすいです。

「中国のMAD Architectsが設計する曲線を強調したAbsolute Towersが完成した。同タワーはMADが北米で手がけた最初のプロジェクトだ。タワーはマリリン・モンローとあだ名され、トロント西の郊外、急激な人口増の都市に住宅を提供するものだ。360度バルコニーが取り巻くことで省エネを目指している。

このMADですけど彼等のサイトにあるイメージもなかなかすごいです。

従来の四角いタワーを建てるのはつまらないから、曲線を多用したものを設計したのだそうです。そこでついたあだ名がマリリンモンロータワー。タワーAが56階、170m、タワーBが50階、150mとのこと。

Absolute Condoのサイトにも敷地プランなどなどが入っています。

昨年7月に発行されたNYTの紹介記事In Toronto Suburb, Putting Curvaceous Into Condominiumsは「人々が見上げる曲線を多用したタワーはまるで中国や中東のビルのようだが、実際はトロントの郊外での光景だ」とちょっと皮肉です。

さて、完成して入居が始まるのでしょうけど、住み心地はいかがなものか、そして維持管理計画はどうなっているのか、そちらのほうも知りたいです。
[PR]

by fukimison | 2012-12-13 12:21 | 景観  

<< QE2、中国へ転売か? クリスマスにちなんで >>