ドイツ、非接触充電電気バスのテスト開始

タイトルに悩みます。
gizmagに掲載された これ、Wireless charging of electric buses to be put to real world test in Germany

ドイツのマンハイムで充電機を利用しなくても走る電気バスのテストが始まったということなのですが、このWireless charging、つまり無線充電とか、非接触充電というこなれない日本語のタイトルでよいのだろうか?になってしまいます。

ともかく、「ドイツの地域交通運営企業であるRhein-Neckar-Verkehr GmbH (RNV)は無線充電技術による電気バスの実現可能性を評価するパイロットプロジェクトを開始する運びとなった。カナダの車両製造企業Bombardier社が開発したPRIMOVE電磁誘導充電技術、マンハイム市内を走るバスが乗客を乗降させながら無線で充電が行える技術、を2台の電気バスを使って試用するものだ」

この電磁誘導充電技術ですが、wikiでは非接触電力転送という項目に説明があり、また昨年のwiredにも「アップルが特許申請した無線充電技術は、ここが違う」という記事があったりしますが、対象はPCであったりしてどちらかといえば小型機器、けっして人が乗り降りするバスという大型インフラ材ではありません。そこまでできるの?というのが素朴な疑問

gizmag誌によれば「電磁誘導充電技術は、路面に埋め込まれた機器と車体のしたに取り付けられた受電機の間で発生する非接触エネルギー伝送によるもの」とあります。

普通、電気バス(自動車)が長距離走行するためには大型のバッテリーが必要だし、そのバッテリーを夜中かかって充電する必要があります。またバッテリー自身が重いため、消費電力も多くなります。

そういったことから、走りながら充電できるバス(自動車)というものの開発が望まれていたわけですが、理論的に可能でも実際はというのが課題だったのが、実証実験にまでこぎつけたというのはスバラシイ!

「ドイツの連邦交通、建設、都市開発省はこのプロジェクト用資金330万ユーロ(435万ドル)を供与し、これにより2014年大に四半期より開始され、当面1年間のテストを行う計画」とあります。

バスでの実証ということはルートが決まっているから機器の設置が出来るわけですけど、幹線道路に機器が設置されることで一般の自動車も電気的に走れるようになる、という夢の将来です。
[PR]

by fukimison | 2013-02-28 12:48 | 動向  

<< 台湾、原発建設を巡り国民投票実施か ベトナムの原発 >>