ベトナム、Nhat Tan橋、予定通りに竣工と発表

久しぶりにアジアのネット新聞を見ていたら、2月24日付けのハノイタイムズにNhat Tan bridge construction to be on scheduleというのがありまして、橋好きのワタクシとしまして、Nhat Tan橋とはいったいどんな橋?と思ったのが始まりです。

この記事の写真では良く解らないので調べたところ、JICAのサイトにニャッタン橋(日越友好橋)建設事業(2)というのがあり、この写真でみるとけっこう美しい斜張橋に見えます。

ハノイタイムズの記事によれば「請負業者によれば、主要インフラプロジェクトの一つであるニャッタン橋の工事だが、予定通り2014年末に運行可能となる」のだそうですが、ハノイのホン川にかかることや総径間が1200mあることはわかるのですが、橋梁自体についての説明が少ないので他を当たってみました。

ベトナムビジネスニューズの記事New road to connect Noi Bai airport with Nhat Tan bridgeをみたところ、「Noi Bai国際空港との連絡道路にかかる橋」であり、「全長12.1kmの道路建設は2010年の日越ODAにより資金供与された」こと、この道路+橋梁により首都ハノイと空港を結ぶ道路の交通緩和が期待される」のだそうです。

でも予定より大分遅れているという記事や、その遅れの原因で請負業者とベトナムの行政とがもめているというのもありますし、遅れなどなどで工費が嵩んでというのも。。。。
[PR]

by fukimison | 2013-03-19 19:06 | 動向  

<< 米土木学会による米インフラレポート 英国、高速鉄道建設にGreen... >>