中国の交通事故

いろいろなサイトをザッピングしていたら、中国の交通事故死者数が2007年に82000人に達したという記事を見付けました。

この記事によると11年連続で交通事故死者数ランキング1位を占め、車両1万台あたり2名という死者数の世界平均に比べ、5.1名と倍以上を記録したそうです。ちなみに米国は1.7名。

日本は2006年の数字しかまだ発表されていないけど、6452人。

中国の総人口は13億人超、日本のそれが1億3000万程度といわれているから、およそ10対1ですが、日本の死者数を10倍しても、まだ中国のそれに足りません。

中国の交通事故の原因は、交通安全に対する意識が低く、交通規則違反、交通倫理の欠如だといわれています。

それと中国ではトラックの過積載が常習化しており、規定積載量の2倍、3倍は普通であり、これが危険運転の元になり、さらに道路の劣化を加速しているそうです。

確かに中国というと交通渋滞にくわえ、車両、自転車、歩行者が道路を埋め尽くしている様子が報道されることが多々ありますが、あの様子だと年間349000件の交通事故がおきても不思議じゃないような気がします。

その上中国汽車工業協会によると、1~3月の乗用車販売台数は185万1,100台に達し、昨年同期比で20.4%増加、3月単月での販売台数は70万500台で、昨年同月比では23.6%、前月比では43.3%の増加だそうです。

この数字だけを取り出してみれば「中国の好景気は続いている」ですし、交通事故の発生件数のコンテクストからみれば、抜本的な対策をとらないと事故および死者数の減少はおきないだろうということになります。

道路は必要なインフラなのですが、交通事故が約180万世帯の生計に影響を与え、過積載による橋梁の沈下や道路の劣化を生んでいること、さらに排気ガスの温暖化への影響を考えると、負荷の大きな社会資産といえましょう。

交通渋滞による大気汚染が叫ばれるなか開催される北京オリンピック期間は、ナンバープレートとによる交通規制(偶数か奇数かで市内が走れる日が指定される)、官庁の公用車利用中止など、いろいろと手段は講じるようですが、それ以前に旅行者は交通事故に巻き込まれないよう気をつけたほうがよさそうです。
[PR]

by fukimison | 2008-04-10 18:11  

<< 超高層マンション ブータンのトンネルプロジェクト >>