ジンバブエと中国

なかなか低開発状態から抜け出せないと言われていたアフリカ諸国ですが、南アは2010年のワールドカップサッカー主催にむけインフラ整備を行っています。内実はともかく、世界大会が主催できるほどの国力がついたともいえるでしょう。

また大慶油田などがありながら近年の経済発達を維持するため、アフリカから石油を輸入している中国は、石油確保と同国の影響力を強めるためアフリカ諸国に支援を行っています。これに関しては、スーダンやチャド支援に対する米国の反発などが新聞紙上などを賑わしています。

そんななか、ジンバブエで4月中旬に総選挙が行われたのですが、いまだに選挙結果が公表されません。つまり対抗勢力の方が得票を獲得したことから揉めているのです。同国は80年代にムガベ政権が独裁政権を樹立、お定まりの腐敗政治をおこない、公式インフレ率は160,000%と、思わず指を折って数字を確かめるほど。ある記事によれば、5日毎に通貨価値を半減させるに等しい数字だそうです。

対外債務の総計は25億ポンド(5191億)にのぼり、当然返済も滞っていることから世銀やIMFから追加融資も受けられず、適正な維持管理が行われない国内インフラは、悲惨を通り越して、皆無に近い状態になっているそうです。

じじつ返済が滞った2000年以来世銀は同国への融資を停止しており、2007年7月現在で同国の延滞金は2億6600万ポンド(552億)にのぼっています。

こういう話を読むと、世銀や欧州復興開発銀行(The European Bank for Reconstruction and Development:EBRD)が発行する債券を組み込んでますから大丈夫ですと、新興国のインフラ投資ファンドを高利回りといって勧める証券会社を信じてはいけないとつくづく思います。もっとも証券会社というより、WBやEBRDなら良いかと信用するのがいけないとも言えますが。

ジンバブエの道路網は1950年代から60年代にそれなりのレベルで建設されたものの、道路省は道路に出来た窪みを塞ぐことしかしておらず、再建が必要な状態。
また首都ハラレの上水道も、50年代から60年代に建設されたものであり、断水は日常茶飯事であり、漏水率は40%にのぼると伝えられています。

ムガベ独裁政権に代わり新民主政権が樹立されれば、ジンバブエには必要とされるインフラ事業は山ほどあり、世銀・IMFや英国の国際開発庁は緊急支援パッケージの準備を始めているようです。

仕事はある、資金は来る、しかし現地にはそれだけの仕事がこなせる業者がいない、となると国外からの業者が請け負うということになります。

モザンビーク、ザンビア、ボツワナで中国企業はどこにも負けないような安い金額を提示し、南ア企業や現地の請負業者を打ち負かし、受注に成功しています。

受注に成功しても資金欠乏により停滞する事業が多いようですが、中国はアフリカ諸国との関係強化という長期戦略があるため、そのあたりは動揺しないことから、今回のジンバブエのプロジェクトもおそらく、大部分を中国企業が受注すると見られています。

中国は開発途上国と見なされ京都議定書のCO2削減対象国に入っていないとか、いろいろあるのですが、そのあたりの差し引きはどうなのでしょうね。
中国4000年の知恵、お上手ということなんでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2008-05-03 15:50 | つれづれ  

<< ベトナムの原発計画 Sherford Project >>