Hollywood Heritage

日本に比べ、歴史的建造物の保存が盛んな欧米ですが、こういう事もあるあるという話題です。

カリフォルニア州ハリウッド、映画の町としておなじみですし、米国で一番晴天日が多いという理由で撮影所がここに建設された。ということは暖かい、戦前のお金持ちはこのあたりに避寒用のマンション(日本風に言えば豪邸)を建てています。

そういったハリウッドで歴史的建造物の保存活動を行ってきたのがHollywood Heritageで、同財団のサイトによれば、25年以上に渡ってハリウッドの歴史的建造物保存を積極的に行なってきた団体ということです。

その財団が管理するWattles Mansionから立ち退きを命じられたという記事がL.A.Timesにでました。

このWattles Mansionというのは約100年前の1907年に建築家のMyron Huntと Elmer Greyが、オマハの銀行家であるGurdon Wattlesしの避寒用邸宅として設計したもので、地中海スタイルの2階建ての豪邸でありロサンゼルス市の歴史的・文化的ランドマークになっているそうです。

この豪邸は1968年にロサンゼルス市が約200万ドルで購入し、同財団と市のリクリエーション・公園局とが協定を結び、それ以降25年に渡り同財団が管理してきました。

それが同財団は市の規則を無視し、この邸宅を行儀の悪い人々に貸し出したとして退去命令を受けたのです。公園局の担当官は、同財団は101年の歴史をもつ建造物の適切な維持管理を怠ったと述べています。さらに同財団は同邸宅で行われた結婚式、撮影、その他特別なイベントに関連する財務記録の提出を怠ったことでも責任を問われています。

Wattles Mansionでネットサーチを行うと、2007年エミー賞の会場としてこの邸宅の名前が出てきたりするので、盛んに利用されていたのだろうと思います。

付近住民のコメントとして、道路に違法駐車はするし、パーティーがある晩は、夜遅くまで騒音が絶えないし、市が財団に退去命令を出したのは当然だとありました。

一方財団は、市の主張するようなことは行っていなし、財団が管理するようになってから市に代わり、邸宅の維持管理に250万ドルも注ぎ込んでいるし、これを評価せず30日で立ち退けという通知を送りつけるとはとご立腹です。

記事を読んでいると80年代は問題がなかった付近住民がコメントしていることから、だんだんにコアメンバーの入れ替えがおこり、財団の性質がかわっていったのかなぁ?

組織を作るのは人だし、人が変われば、組織も変わるということですかね。
[PR]

by fukimison | 2008-11-21 18:15 | つれづれ  

<< Global Corrupti... 知らないこと >>