カテゴリ:動向( 100 )

 

中国、超高圧送電網建設へ

大飯原発、町議会は再稼動に賛成、14人の町議で決まるというのは解せない。
賛成の責任は問えるのだろうか?

エネルギーも税の一体改革も根は人口減、どういった社会を選ぶのか、立体的に見る方法はないのかしらん?

エネルギーといえば中国、その中国で超高圧送電網の建設計画が発表されました。

5月14日付け中国政府の広報サイトの記事がそれ、China building power transmission line of world's largest capacity

5月13日、中国最西部新疆地域で世界最大の容量を持つ超高圧送電網の建設が始まる。
このプロジェクトの請負業者であるState Grid Corporation of China (SGCC)によれば、800kvの超高圧直流送電網は新疆ウイグル自治区東部のハミ県にあるエネルギーベースと中国中心部の河南省の省都鄭州を結ぶもの。

全長2210kmの送電線は新疆から甘粛・上海を経て湖南に至るもので工費は233億9000万元(37億ドル)、2014年の完成時には世界記録となる800万kvの送電能力を持つように計画なんだそうです。

これでも相当すごいのに(大丈夫なのか?)新疆をNorthwest China Grid社の主送電網に接続する750kvの超高圧送電網の建設も始まったとあるではありませんか!

「投資額95億6000万元におよぶ全長2180kmの送電線は、ハミ県・甘粛県・青海県の風力および太陽光より発電されたエネルギーを各地に送る主要ルートとなるだろう。  新疆は2兆トンの石炭埋蔵量を持ち、そのうちの3分の1はハミ県に、一方で同県は主要風力発電ベースの一つでもある。  中国の大型エネルギーベースはおもに西部と北部に位置し、消費地は2000km超離れた東部および中部に位置している。」

多くの国が資源のある場所とそれを利用(消費)する場所の距離に頭を悩ませていますね。なんども次の時代は資源リッチのブラジルと言われながら、じゃあ、その資源はだれが掘り出して運ぶの、どの港から積み出すのが課題でしたねぇ。

as some doubt whether the technology is mature enough and can bring about economic benefitといいながらも中国は近年、世界の工場(古い言い方ですね)といわれ外貨獲得・経済のエンジン役である南部・東部が電力不足に悩んでおり、背に腹は変えられないといったところ。

でも2012年だけで3000億元を投じて超高圧の交流送電線4本、直流送電線3本建設するなんて、すごいというか、本当に大丈夫?です。

この記事は5月14日付けChina Dailyも報じておりますね。
[PR]

by fukimison | 2012-05-15 12:21 | 動向  

稼動原発がゼロになって

5月5日は泊原発が止り、スーパームーンが輝き、なんとも不思議な感覚の夜でした。

そこでWorld Nuclear Newsは泊原発停止のことをどのように報じているが見てみると5月4日付けでLast Japanese reactor in outageでした。

日本メディアが感情的な記事になりがちなのに、海外のこういった記事に特徴的なのは、データがきちんと出ていることでしょう。
定期点検に必要な日数は71日
13から18ヵ月毎に原発を停止させ定期点検を行う、
したがって福一事故以降、14ヶ月目で最後の泊原発の番になった

福一事故を受け政府は2段階のストレステストを実施することを義務付けた、
しかも第1ストレステストは1回目の定期点検期間中に行うとしていること

原発停止により火力発電が代替発電をおこなっていますが、これにかかる余分な化石燃料費は年間400億ドル、または1人あたり333ドル、二酸化炭素の排出は1990年レベルの14%増

ふとみると4月24日付けでGermany plans $79 billion in energy investmentsなんて記事が

「ドイツのエネルギー・水資源産業連合(German Association of Energy and Water Industries)は約84の大型発電プロジェクトが計画されており、それぞれが少なくとも20MWeの発電能力を持つものとなろうと発表した。これらの施設は23の沖合い風力発電ファーム、29のガス火力プラント、17の石炭火力プラント、10の揚水式発電プラントで構成され、総発電能力は42,000MWe」

これを2020年まで7600億ユーロ(790億ユーロ)投じて行うということで、なかなかすごいなぁです。
[PR]

by fukimison | 2012-05-08 12:07 | 動向  

インドとパキスタンの対立、電力と災害

連休でのんびりしたような、しないような、
しかし、このところのお天気には驚かされます。これも気候変動の一つなのでしょうか?

そんななか本日はちょっと変わった記事をご紹介です。

5月4日付けTerminal XにIndian troops drilling Siachen for geothermal energy という記事が掲載されました。

インドの地熱開発というだけならごく普通なのですが、場所やそれの及ぼす影響を考えると、単なる地熱発開発の記事とは言い難いものがあります。

記事は「インド軍が地熱開発を目的とし、パキスタンの水がめのシアチェン氷河の掘削を行っている」で始まり、「地熱探査活動はパキスタン軍と戦闘状態にあるインド軍に持続可能なエネルギー供給を行うのを目的としている。海抜11500フィートの地点に調査研究所が設置されており、インド陸軍および国防研究開発機構(DRDO)が共同で調査を行っている」と続きます。

このシアチェン氷河ですが、wikiによると、ヒマラヤのカラコルム山脈東部に位置し、インドとパキスタンの停戦ラインから若干北よりにあるのでそうです。全長70km、カラコルムで最長、世界でも極地外では第2位なのだそうです。

「シアチェン氷河の高解像度画像は10フィート毎に深いクラックが縦・横に走っているのを示している、氷河の後退もまた氷河湖が氷河を超えて水平に大きくなっており明らかだ。最も警戒すべきことは氷河が垂直に細くなっていることであり、クレバスの巨大化を促すものだ」と氷河融解が進んでいることを説明しています。

「シアチェン氷河を巡るインド・パキスタン両者の主張は同地方を世界で最も高地にある戦場としている。1984年4月以来、両国は22,500フィート超の地点に恒久的に軍隊の駐留を行っている」

特にインドはこんな高地に訓練施設、航空ワークショップ、弾薬庫といった施設まで建設しているようで、平和ボケした日本人にとっては、なんだご苦労様なことでという感じです。

もう少し細く情報はないかと探したところ、5月1日付けThe Times of IndiaにHot water discovered in Siachenという記事があり、こちらは「地質学者は氷河の地熱源で温水を発見。この熱源発見により、高価な化石燃料依存の軽減が行え、さらには氷河で温室を設置することで野菜栽培に利用可能だろう」となんだかのんびりしたトーンです。

しかし氷河の融解速度が速くなっているというのは、これを水がめとしているパキスタンのみならず地球全体への影響を考えると、傍観していて良いのだろうかと言う気にならなくもないです。
[PR]

by fukimison | 2012-05-07 15:42 | 動向  

仏アレバ、インドで太陽光発電事業

ここのところ原子力といえばアレバ、アレバといえば原子力のはずなのに、持続可能エネルギー系の事業ニュースが多いですね。
福一以降、大本山でもちょっとねという風向きになってきたのかしらん?

4月11日とちょっと前のニュースですがFrench group Areva to build big Indian solar power plant

記事は「フランスのエネルギー企業アレバ社はインドでアジア最大となる太陽光発電所の設置を行う。アレバソーラー社は小型線状フレネル反射器(compact linear fresnel reflector )を利用し、250MWの発電量を持つ発電所(2カ所)をインド北西部のラジャスタン州に建設すると発表した。」

資金調達の状況のコメントがないので、アジア最大というところから類推するしかないですね。

「プロジェクト、既に第1期は開始されており、石炭火力発電と比べ年間約557,000トンのCO2の削減に役立つ」のだそうです。

第1プラントは2013年5月に操業開始予定だそうです。

アレバ本体のリリースはIndia: AREVA awarded contract by Reliance to build Asia’s largest concentrated solar power installation

「アレバ社の子会社であるアレバソーラー社はインドのリライアンス・パワー社から250mwの集約型太陽光発電所の建設契約を得た。これはアジア最大の太陽光発電所となり、2022年までに太陽光発電量を20,000MW積み増そうというインドとり一助となるであろう。さらに同規模の石炭火力発電所に比して年間557,000トンのCO2の削減が見込める」とあり、ほぼヤフーニュースの内容と変わらないですね。

アレバソーラー社はインドのみならず、オーストラリアや米国でもプロジェクトを手がけており、現在500MW超のプロジェクトが操業・建設中・開発中であり、アレバ社を急成長を遂げるCSP技術プロバイダーとしているのだそうです。
[PR]

by fukimison | 2012-04-18 10:22 | 動向  

米、アイダホパワーコスト上昇

本日は久しぶりに米の環境系ニュースを拾ってみました。

4月16日Energy CentralはIdaho Power: Renewable Energy Projects Pushing Costs Upとして、アイダホパワー社が再生エネルギー開発を促進する連邦インセンティブプログラムが逆に費用の押し上げとなっているとして、5.1%の値上げを求めたことを伝えています。

「略称PURPAの連邦Public Utilities Regulatory Policies Act(公益事業規制政策法)に関連する費用が前年に比して25%近く増加した。この連邦法は小規模の再生可能エネルギー供給者に支払うべき一定のレートを定めたものでだが、アイダホパワーのような供給者は、多くのアイダホ風力発電開発プロジェクトを含む大型プロジェクトは、この連邦法による率の恩恵を受けるため意図的にプロジェクトを小口化していると主張している」

「Idaho Public Utilities Commissionがこの値上げ申請を認可した場合、住宅用で3.79%、一般的な家庭で月にすると2.82ドルから2.88ドルの値上げとなる」のだそうです。

もう一つ、4月13日付けのSmart meters up and running in Norway を見て、メイン州ノルウェーではスマートメーターの設置が既に終わっている街もあるのか、とその進みの速さに感心するとともに、文中にある住民の不安になるほどでした。

設置は昨年夏に始まってこのほど終了したのだそうですけど、「利用者は無線接続されたメーターのサイバーセキュリティーについて不安を示している」とあります。

利用者は電力会社のウェッブサイトで利用状況を確認できるとありますが、もっと他のことを宣伝しないとそんな事のために2011年に5億、2012年にも同額の投資を行う意味がないなぁ。

Central Maine Power Coにスマートメーターの説明を見に行ったのですがなぜかtime outに、よっぽどアクセスが集中しているかなぁ?
[PR]

by fukimison | 2012-04-17 12:04 | 動向  

英企業、福島除線に参加

キャメロン英首相が訪日されていましたが、日本のメディアの露出はそれほど大きくないように感じました。
でも英政府系サイトをみるとこんなプレスリリースが。。。。

4月10日、エネルギー・気候変動省はUK firms could assist Fukushima clean upとして「英国と日本は民生用原子力分野での協力に関する枠組み協定に調印した。これにより英企業が数十億ポンド規模の福島除線作業に参加することが可能となる」といったリリースを発表しています。

原子力エネルギーに関する日英首相会談は「日本企業は新プラントデザインや工事に関する専門知識を、英国は除線や廃棄物管理に関する経験や技術といった相互に利益のある分野で協働を行うこを確認した」とありますが、どっちかといえば、福島除線や廃炉作業で英企業がお商売を行うことを確認といったところでは?

「両国は原子力安全性について緊密に作業を行い、また規制に関する専門知識を共有するものだ」

「両国は福島原発の改善、除汚、廃炉に冠する知識、経験、および技術を共有し、日英の上級職員は民生用原子力に関連する一連の作業について年次会合を持つ」のだそうです。

Charles Hendryエネルギー担当大臣は「英国は原子炉の廃炉と廃棄管理分野に多大なる経験と知識を有している。日本との協働はこれらの分野で両国にとり大きな利益となることを確信している」と述べています。

「この合意は英企業に日本の産業界と協働を行う機会をもたらすものであり、英国の世界でも一流の経験を共有していくものだ」

さらに原子力産業協会(the Nuclear Industry Association)と日本原子力産業協会(the Japan Atomic Industrial Forum)は英・日企業間のさらなる協力を行う覚書に調印した。

ふうううううん。
[PR]

by fukimison | 2012-04-12 14:06 | 動向  

独ライプチヒ、公共交通機関無料週間始まる

昨日に続いて欧州の環境系記事紹介です。
環境に配慮したエネルギー政策を推し進めているドイツですが、東部のライプチヒで火曜日からの4日間、公共交通機関無料キャンペーンが始まったということです。

4月12日付けのFree public transport in Leipzig to combat cars記事によると「自動車通勤の抑止としてガソリン高騰、交通渋滞、温暖化ガスを掲げ、地元のバス、鉄道およびトラムの運営事業者は、より良い通勤オプションの提供のため団結した」

ライプチヒ交通サービスによると「いつも公共交通機関を利用している通勤者は、既に正しい選択をしている。我々は車通勤者にイースターの後4日間にわたり公共交通機関を無料でストレスなく利用することを紹介したい」のだそうです。

システムとしは「車の登録証を提示することでバスや鉄道の切符代わりとなるもので、所有者のみならず家族も無料となる」のだそうです。
家族もというあたりがすごいですね。

「ライプチヒはベルリンの南西150kmで人口約500,000で、この種の提供を始めたドイツ初の都市」とあることろをみると、他の都市でも公共交通機関への転換促進の動きがあるということでしょうか?

ドイツの石油価格は先週過去最高を記録なんだそうです。

German drivers offered free public transport as petrol price soars
でも紹介されており、こちらは「ガソリン価格の値上がりにはうんざりだ、変える時だ」というポスターが町中に貼られ」とキャンペーンの盛り上がり状態を伝えています。

ライプチヒはドイツでも公共交通機関の充実した街だそうで「町の中心は電気トラムが縦横に走り、郊外は鉄道やバスが運行、多くの停留所には待ち時間が分単位でデジタル表示されている」とあります。

ある新興政党はドイツ全域で公共交通機関の無料化を主張しているとあり、このライプチヒでの4日間はある意味テストケースとなるのかもですね。
[PR]

by fukimison | 2012-04-11 11:49 | 動向  

中国、原発建設に地元住民反対

本日は3月1日のFirst Post World に掲載されたChina grapples with its own ‘Kudankulam’ protestsをお届けします。

まず問題となっているPengze原子力発電所ですが、「福一のように海岸沿いに建設されるものでなく、内陸部に建設されるもので、エネルギー不足に悩む中国は石炭火力発電による汚染軽減に向け、2020年までに60基ほど建設するとしており、それらはほぼ内陸部に建設が予定されている。現在の中国では原発による発電は総発電量の2%、しかし今後10年でその割合を5%にする計画」のだそうです。

「中国で最も貧しい地域の一つである安徽省、同省のWangjiang村で起きた抗議行動は、長大な揚子江沿いに建設が進む隣省・江西省のPengze原子力発電所に向けられたものだ」

「村人、その大部分は農民であるが、は江西省の役人を発電所の認可を確実なものとするため、人口密度をごまかしたとして糾弾している。江西省のほうりに寄れば、原子力発電所の半径10km内に10万人超が居住していた場合、認可は行われないことになっている。Wangjiangの役人は同村だけで、原発から10km以内であるが、15万人超が居住していると申し立てている」

つまり、基礎行政が違うから原発建設地から半径10kmに住んでいても、数に入らない。でも一度事故が起きれば、同じように被害を受ける。おかしいというのが抗議のもとにあるわけですね。

これは福一における飯館村の問題と同様です。

中国は風力発電や太陽光パネルで躍進していますが、即効力としては原発を選択しているようです。(本当にそれで良いのか、多大の疑問が残りますし、中国で事故が起きた場合、西風により影響を受ける国としてもう少し関心を払うべきではと思う今日この頃)
[PR]

by fukimison | 2012-03-05 11:45 | 動向  

メキシコ、埋立地の再利用

本日は動向なのだか、環境なのだか、ちょっと迷うところがありますが、とりあえず動向ということで。
しかし、関西の原発は全部ストップ、4月には全54基が止る、なんとかなるもんだなぁというのが率直な感想、

今後の人口減、海外への工場移転による製造業の衰退、環境問題による低炭素社会の実現、いわゆるスマートグリッド、コンパクトシティですけど、まずはガスコンバインド・サイクルの充実、エネルギーの地産地消ということをもう少しかんがえてみようかなぁです。

2月21日付けGristの記事Mexico City’s giant landfill will power 35,000 homesから。

「メキシコシティは巨大なBordo Poniente埋立地を閉鎖した。927エーカーに及ぶ同埋立地は1994年以来、7900万トンの廃棄物を受け入れてきた。メキシコシティは埋立地を単に閉鎖するだけでなく、ピーク時に35,000世帯に供給できるガス発電プラントとして再開することを決めた」と報じています。

これの元記事は2月17日付けのNYTの記事For Mexico City, a Repurposed Landfillだということなので、ちょっとそちらを見てみましょう。

たしかに「市当局は35000世帯の電気供給を目的として、埋立地でできるメタンガスを集め、それを発電所の燃料する計画」とあります。そんなにうまくいくんかいねん(なぜか関西弁風)と誰しも思うらしく、これに続く文章も「全てが予定通り進むと、メキシコシティは埋立地の有効管理を検討中のほかの発展途上国の巨大都市にとり、モデルとなるだろう」あります。

「埋立地の有機性廃棄物はメタン、二酸化炭素、水蒸気が交じり合った埋立地ガスを発生させる。メタンは二酸化炭素より20倍も熱を効果的に捉える」これは逆に言うと、二酸化炭素より強力な温室効果ガスで、メタンを封じ込めている永久凍土が温暖化により溶けるとメタンガスが放出され、さらに温暖化が進む(デフレスパイラスみたいなもんです)と懸念されることの理由となっている。だからこそメタンが上手く利用できれば、温室効果ガスに対策にとり大きな影響をもたらすことになり、メキシコシティのプロジェクトレベルだと年間200万トンの削減になるそうです。

本当に上手く行って欲しいです。
[PR]

by fukimison | 2012-02-22 12:04 | 動向  

中国、英テムズウォーター株取得

以前、外国企業による空港などの重要インフラ株購入問題が新聞紙上を賑わしたことがありました。
民営化するということは、外国企業が買ってもおかしくないわけで、国防上問題とするのなら、民営化という資金調達手段は取ってはいけないというのが筋だとワタクシは思っています。

そうした中、眼を引いたのが1月21日付けLondonistのChina Buys Stake In Thames Waterです。

「The China Investment Corporation(中国投資有限責任公司)、4100億ドルを有する中国の政府系ファンドはテムズウォーター社の株を取得した。同社はロンドンとテムズバレーに住む900万人に水を提供しており、これは何を意味するものだろうか?中国は単にKemble Water Holdingsの9.9%を取得しただけであり、現在我々に水を供給してオーストラリアの大手銀行が率いるコンソーシアムにとり痛くも痒くもなく、投資家同士の取引に過ぎない」とあります。

そして1月20日付けFT紙のChina and Thames Water – what next?によれば、10年ほど前中国は80億ドルをブラジルのインフラに投じたが、何年も何事も起こらなかった、としていますが、最近になって産油国ブラジルへの中国投資が巨額化していることを報じています。

「2012年、中国経済は8.9%伸びると予測されており、英国の資本家はなんとしてでも中国から資金を得たいとしている」

この論調は国防、外国籍企業が主要インフラを取得することへの危惧は全くと言って良いほどありませんね。

しかしインフラではありませんが、1月22日付けFT紙にChina investors set their sights on Hollywoodというのがあり、これによれば「Harvest Global InvestmeのWu氏およびPacific Alliance グループはSummit Entertainment(Twilightの製作会社)、ミラマックスを所有するColony Capitalと両社を統合し、新会社を買収するという申し入れをおこなったと情報筋は伝えている」とあります。

中国、いろいろ活発に動いています。
[PR]

by fukimison | 2012-01-23 18:31 | 動向