カテゴリ:つれづれ( 143 )

 

原発の動きをいろいろと

秋晴れの良いお天気と秋雨が交互にやってくる、本日は曇り空の予報が雲の動きが早かったのでしょうか、午前中から良いお天気に恵まれました。
お天気は良くても人間社会はなかなかそうは行きません。

まずちょっと気になるのは中国の動き、反日問題もさることながら福島以来棚上げしていた原発建設を再開することの報道です。
10月25日付けChina Dailyは China to resume construction of nuclear plantsとして中国の動きを報じています。

「福島事故以前、あるエネルギー担当官は2011-15の第12期5ヵ年計画期に40もの原発プロジェクトを開始し、うち少なくとも7つは内陸部にと述べた。しかし福島事故を受け、計画は一時凍結、そして10月24日、中国は粛々と原発を再開すると発表」

the national plan for nuclear power security (2011-20) とnuclear power development (2011-20) に加え2015年までの国家エネルギー開発プログラムが承認され、また新しい原子炉は最も厳しい国際安全基準に合致するものでなければならないとあります。

海を隔てているとはいえ、中国の原発建設再開は気になるところ、「2015年までに数基が開始され、それは全て沿岸部に」とあると安全面からは水のそばというのは絶対と思うのですが、だからといって沿岸部も困り者。

もう一つ、WSJにHitachi Set to Win Bid for U.K. Nuclear Ventureが掲載されました。

英国のホライゾン原発プロジェクトについては日本のメディアもいろいろと報じていましたが、日立優勢決定ということです。

記事は「日立はプロジェクト購入の優先入札者を獲得」と「東芝のユニットであるウェスチングハウスとカナダのSNC-Lavalinと連携する日立という2つのコンソーシアムが競っており、これの結果は来週発表されることになったと関係者は述べた」とあり、日立がほぼ手にしたということで良いようです。
[PR]

by fukimison | 2012-10-29 17:38 | つれづれ  

サンフランシスコのスクーターシェアリング

発電関係の記事が続いたので、本日はちょっと軽めのものにしました。

米サンフランシスコでスクーターシェアリングが始動というものです。Scoot Network

なぜスクーターかというと、坂の多いサンフランシスコだと自転車はキツイ、カーシェアリングは駐車場を見つけるのが大変ということで、バイクのように運転免許も要らず、手軽さとしては自転車と自動車の中間のスクーターになったらしい。

アメリカらしいというか、やっぱりというかスマートフォンで操作するのが面白いです。

スマートフォンを使って利用可能なスクーターを探す、
スクーターにスマートフォンを取り付ける
スマートフォンでロックを解除し、支払いも行う、(アンドロイドとアップルスマートフォン)

これを伝えるInhabitatの記事Scoot Launches Electric Scooter-Sharing Program in San Francisco!によれば、都市計画家のM.Keatingがサンフランシスコみたいな過密都市を自由に、しかも安く動き回るにはということで考え出したそうです。スクーターは簡単に駐車でき、安く、電動なのでエコ、

とりあえず、サンフランシスコのSoMa地域に駐車場4カ所、計60台のスクーターで開始、利用するには登録が必要、利用料は月5ドルから、これに保険も含まれているそうです。

東京も少しづつ自転車道が整備され始めてきました。スクーターも良いけど、電チャリもありかな?と思う今日この頃
[PR]

by fukimison | 2012-09-27 11:30 | つれづれ  

いろいろなリンク

グローバリズムの問題はパパブッシュによるイラン侵攻、そしてWTCのテロあたりから顕著なったように感じます。
そういう意味ではearth comのWTCの姿、アーカイブ映像は刺激的です。
つい最近のような、ずいぶん昔のような不思議な感覚、

原発だってチェルノブイリやスリーマイルの事故があって、危ないというのは知ってはいたけど遠い国のことなので自分の身に降りかかるとは想像していなかった。
都市計画の問題もそう。

自分の利用する駅や道路が改築、拡幅されることで解ること、拡幅による用途指定の変更、鉄道の連続立体交差事業はいいけど、高架なのか地下なのかで周囲に与える影響はとても変わる。

ニューヨークのハイライン、パリのバンセンヌ支線など高架鉄道跡地の緑化は面白い。
これは廃線になったのをどう利用するかなんだけど、取り壊すという選択肢をすてて、公園として利用、東京でも下北沢駅の小田急線地下化を受け、東北沢駅から地下化したあとの旧小田急線線路、いわゆる上部利用について議論をよんでいます。

世田谷区の独自案は防災公園を主に商業施設や住宅をいれるというもので、地権者の小田急やこの事業のお金の出しての都案(商業施設・住宅が主、公園は従)と対立しています。

幅20mぐらいの細長い土地ですからね。
建築条件がいろいろあって、それを上手にクリアして面白いものを建設する、チャレンジングかもしれないけど、ちょっと制約がありすぎるような気がします。
こういう土地の不動産価格、固定資産税は同いう風に組み立てられているのだろう?
そのあたりがわからないと理想論だけの不毛の議論になりそう。
[PR]

by fukimison | 2012-09-14 10:41 | つれづれ  

気になる記事をいくつか

ロンドンオリンピックの開会式まであと1週間ということで、the cornerにあったソチオリンピックの記事Spain’s construction company OHL to build Russian Olympic Flame resortを選んでみました。

スペインってギリシアに次いで不動産バブルの崩壊・デフォルトの危機といわれているけど、建設企業として大丈夫なのかしらん?と素人は思うのですが、この記事も出だしは不動産バブルのはじけたスペインで中小・どころか大手も企業存続をかけて経営努力を続けているとあります。

記事は「OHLはロシアで2番目に大型の建設契約を受注したと同社は発表。黒海にほど近く、2014年の冬のオリンピックとパラリンピックを開催するソチ市で、オリンピック聖火台、ツーリストリゾート、スポーツ施設を建設することとなった」

「ロシア委員会による最新の予算案によると約4億9750万ユーロほどで、建設計画は300室のホテル、ウォーターパーク、駐車場、走路やリフトが設備されたスキーリゾートで構成される」のだそうです。

ファイナンスに関しては「The contract was awarded by Sport-Olympic Flame Fond, a company set up for the project and self-financed, with the sovereign guarantee of the Russian government」とあります。

もう一点、The Construction Indexにある記事Carillion among six Green Deal 'skills exemplars'によれば、カリリオン社を含む6社がGreen Deal Skills Alliance からGreen Deal skillのお手本として選ばれたのだそうです。

聞きなれないGreen Deal Skills Allianceですが、気候変動省のBarker大臣により2012年1月に設立され、建築物の省エネ向上を目的としたGreen Deal実施に向けた職能の確保ということのようです。

お手本と成る6社は下記の通りです。
Association of Greater Manchester Authorities
Carillion
Kingfisher Group
Severn Wye Energy Agency in partnership with Stroud District Council, Forest of Dean District Council, South Gloucestershire Council, and Wiltshire Council
Scottish and Southern Electricity
Yorkshire Energy Service

エネルギー使用における建物の閉める割合は大きいことから、グリーンビルの建設または改修はこれからもっと広がる分野だと思います。しかし英国はこういうの好きですね。
[PR]

by fukimison | 2012-07-23 11:38 | つれづれ  

原子力関係

久しぶりに原子力関係のサイトを巡ってみました。

まずはこれ、6月14日付けと古いのですが、日本の記事は見逃していたように思うので。

Hitachi to double nuclear-plant business by '21

日立は今後9年で原子力発電所による収益を倍増する計画と発表
インドや中東諸国とならんでベトナム、フィンランド、ポーランドに向けセールスを行う計画

次は7月3日付けのWorld Nuclear Newsにあった脱原発を決めたスイスについての記事です
Switzerland's 'challenging' energy policy

スイスは段階的原発廃止を決める一方、温暖化ガス削減計画においてさまざまな課題に直面していると同国のエネルギー政策を検証したinternation Energy Agency(IEA)は述べた。

2011年3月の福島事故を受け、スイスは寿命の尽きた原発の代替建設を行わないことによる脱原発を決めている。また温暖化ガス削減のも苦境を2020年までに20%削減としている。

スイスは現在五基の原発があり、電力の40%を担っており、それぞれの耐用稼動年数を50年と定めていることからBeznau 1が2019年に、Beznau 2が2021年に廃止になる。これら2基による供給配電量は730MWeとさほど大きくないが、2029年のGosgen(985MWe)そして2034年にLeibstadt(1165Mwe)が廃炉となるあたりが山でしょう。

新規原発を建設しないというスイスのエネルギー政策は2050年までに約330億ドルとなって同国にのしかかってくると環境・交通・エネルギー・コミュニケーション省は見積もっているのだそうです。
[PR]

by fukimison | 2012-07-04 13:35 | つれづれ  

バンコクの首都鉄道計画と英の波力発電

相変わらず、咳がでるし、なんとなく気ぜわしく時間が見付けられない。
困ったものです。

しかし気を取り直し、本日気になったものはヤフーニュースのこれ、首都鉄道ピンク線、モノレール方式に変更へ
タイはシンガポールとならび、鉄道の発達した国、つまり熱帯性豪雨に耐えられる、(排水がきちんとした)インフラがある(はずだ)。建設費・維持管理費とどの程度の乗降客が見込めるのか?ということからモノレール案になったようですけど。日本と違い、まだまだ人口増が見込めるけど、なんとなく昨年の洪水などを考えるとどうなんでしょうね?運河の利用をもう少し考えても良いような気がしなくも無い。

そしてこちら6月26日付けのPHY OrgにあるMarine energy doubled by predicting wave powerですが、研究しているのが英国のocean Power社と協働しているエグゼター大学とイスラエルのテルアビブ大学という組み合わせが目をひきます。

内容も海(波)のもつエネルギーは大きいけれど、風力・太陽光に比べ研究は進んでいない(商業的にまだまだ多難)、まずは海の持つ環境(波や風による破壊力に対する機材の耐性)なだ課題は多いとしています。

しかし波から最大のエネルギーをとりだすため次ぎの波に備えるpoint-absorbersに焦点を当て研究というはちょっと面白いですね。

The team devised a system, which enables the device to extract the maximum amount of energy by predicting the incoming wave. This information enables a programme to actively control the response required for a wave of a particular size. Because the device responds appropriately to the force of the next wave, it is far less likely to be damaged and would not need to be turned off in stormy conditions, as is currently the case.
[PR]

by fukimison | 2012-06-27 11:30 | つれづれ  

目に付いた記事を

風邪を引いて咳が出る。
忙しくて時間が見付けられない、困ったものです。

しかしこのBllombergのFed Says U.S. Wealth Fell 38.8% in 2007-2010 on Housingすごいものですね。

「The financial crisis wiped out 18 years of gains for the median U.S. household net worth, with a 38.8 percent plunge from 2007 to 2010 that was led by the collapse in home prices, a Federal Reserve study showed」とあります。

簡単に言えば、米中産階級は住宅価格の下落により18年分の余剰が消えたということでしょう?すごいものです。

隈健吾設計を含め8人の建築家がDundeeで建設される美術館へプロポーザルを提出したようですが、それぞれなかなか面白いです。

しかし、こういうのが簡単にサイトにあがるようになったのですね。
そちらの方が面白いかも?
[PR]

by fukimison | 2012-06-12 14:10 | つれづれ  

米、まとめ買いの思想

3・11以降、いろいろなことを考えるようになった人の割合が増えたように思います。今までどおりの生活で良いのか?いままで通りの生活は難しそうだけど、だかといってどうして良いか解らないし、あんまり惨めな生活もしたくない、そういう転機なんだろうと思います。

米Gristの5月16日号にあった Crowd purchasing brings clean energy within reachも、転機という言葉を思い出させます。

これはGroundswellというワシントンD.C.にあるNPOの記事なのですが、出だしのまとめ買いすると安くなる、これを発展させた電力買いというのは、まぁ、見かける手法だなぁなのですが、これを始めた若者というのが2008年のオバマキャンペーンに参加した人というのが、ちょっと目をひき、さらにキャンペーン中にコミュニティーや人が変わるのを見て、キャンペーン後に「政界の外で具体的な変化を作り出したい」と想い立ち上げたのがこの団体というのがちょっとね、です。

3・11後、若者がまちづくりやちょっとした活動に加わり始めているというのは実感していることから、このtangibleという言葉はひびきます。

「Groundswellは自然エネルギー購入で最適な値段を引き出すために、コミュニティーによる集団購入という力を最大に活用する。Groundswellは風力によるエネルギー購入のため、NPO,コミュニティーグループ、教会、個人を纏め上げてバルク購入へともっていったり、住宅や建物の省エネ改善を行っている。グループで買うことで値下げの交渉が可能になり、個人や過疎のコミュニティーといった単体では購入が難しい人たちも購入が可能になる」

この実例で出てくるワシントンの教会ですが、教会同士が電力のグループ買いをすることで電気代が安くなり、その節約できたお金でホームレスの炊き出しや職業訓練プログラムを始めることができたというのはいいなぁ。

確か、世田谷区は区施設の電力をPPSから購入することで費用を抑えたという記事を読んだ記憶が。。。

ということで探したら「脱・東京電力 PPS導入で電気代削減の動き広がる」というのが2月にありました。1億の節約ですか!

目指せ、ご近所の力で電力共同購入ですね。大型マンションなんかPPSから上手に買うことを管理組合が考えても良いんじゃないかしら?

そのためには送・発分離、自由化の波がうねる必要があるのでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2012-05-17 11:35 | つれづれ  

やっと開通

東京は桜の花が見ごろとなりました。

月曜日から突然ネットが使えなくなり、四苦八苦、やっと外に出られるようになったのは金曜日の午後、
というわけで、今週はとにかく疲れた。

来週はなんとか平常運転に戻るぞうです。
[PR]

by fukimison | 2012-04-06 14:37 | つれづれ  

気になるニュースを少し

大型のインフラ記事がでませんね。

気になるといえば森ビル社長がなくなられたニュース、こんごの森ビルはどのような展開を見せるのでしょうか?興味深いものがあります。

また3・11を振り返るニュースとしてはOne year after disaster at Fukushima nuclear plant, town remains frozen in timeにあるフレーズ、「保険会社が使う“a write-off” – a place that seems beyond salvation, and certainly too expensive to fix.」という言葉から始まる記事は、そうかぁ、福島は救済の見込みがなく、もとに戻すにはコストがかかりすぎるという場所になってしまったのかということで、解ったつもりでいても文字としてみる衝撃でした。

かと思えば3月9日付けFTのLSE set to take control of LCH.Clearnetロンドン証券取引所が清算業務を行う大手企業LCH.Clearnetの株の過半数を取得したと言うもので、証券取引所が清算事業を傘下におくとはどういうこと?といった感じです。

土曜日に参加したセミナーでパネルのお1人が今はエネルギー・衣・食・住であり、エネルギーを着ているとおっしゃったのが印象的でした。

そういう事からいえば、食もハウス栽培はエネルギーがなければ成立しないし、快適な家もエネルギー、いろいろな意味でのバランスが問われる時代なのだナァと感じております。
[PR]

by fukimison | 2012-03-12 21:24 | つれづれ